2019年 1月 16日 (水)

AIが運転を学習 スマホやスマートスピーカーと連携するエアコン

印刷

   富士通ゼネラルは、エアコン「nocria(ノクリア) Xシリーズ」を2019年1月下旬から順次発売する。無線LANアダプター搭載によるスマートフォンやスマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」「Google Home」などとの連携機能を搭載する。

  • AIやタッチ対応リモコンを備えた「スマートエアコン」
    AIやタッチ対応リモコンを備えた「スマートエアコン」

ジェスチャー&タッチ操作対応のリモコンが付属

   富士通ゼネラルの発表によると、同社のエアコンに関するデータと富士通研究所が30年以上研究しているAI(人工知能)の技術を融合して開発した。加えて富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」とも連携し、高精度で高速レスポンスのAIを実現した。

   普段の運転中に部屋の暖まりやすさや冷えやすさをAIが学習。また気象データをもとに翌朝の冷え込みが厳しい時や熱帯夜になりそうな時に、起床/帰宅時刻に快適な室温となるタイマー予約の提案をスマートフォンに通知。承諾・設定すれば運転開始時間を判断し、無駄を抑えた快適な室温を実現する。

   運転中にちょっと暑い、寒いなどと感じて温度を変える操作もAIが学習し、室内の温度・湿度や人の活動量が似た状況になると、あらかじめ設定温度を変更し快適な空間に導く。

   手をかざすと運転状況を表示し、画面の上で手を左右に振るだけでオン・オフが可能なほか、画面にタッチして細かな操作が可能なリモコンへと一新。室内機とはBluetoothで連携する方式を業界初採用。リモコンを部屋のどこに置いても高い安定性で操作できる。

   カビ菌や細菌の洗浄や除去を行う「熱交換器加熱除菌」、部屋全体を快適な温度にする気流制御「デュアルブラスター」、2つの独自機能も搭載する。

   ラインアップは、単相100ボルト「AS-X22J/X25J/X28J」3モデル、単相200ボルト「AS-X40J2/X56J2」2モデル、同「AS-X63J2/X71J2/X80J2」3モデル(2月下旬発売)。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中