2019年 1月 16日 (水)

大学ラグビー「平成の優勝ゼロ」の関西勢 天理大は「平尾誠二の同志社大」以来となるか

印刷

明大も「21世紀」は1度も優勝していない

   天理大の話題ばかりだと、明大ファンに怒られそうなので、名門「紫紺のジャージ」軍団にも触れておこう。明大は、同選手権で12回の優勝。「重戦車」とも称される大型FW(フォワード)を前面に押し出す「パワーラグビー」で歴史を作ってきた。

   関東大学ラグビー対抗戦グループの「雄」であり、早明戦や慶明戦になると、秩父宮ラグビー場が「紫紺のジャージ」を身にまとったファンで埋め尽くされる。

   そんな明大も1996年度以降は22年、優勝から遠ざかっている。最後の優勝で決勝を戦った相手が、早大だった。

   22年前...ん? 待てよ?? それって、筆者が早大ラグビー部4年だった時以来ってことじゃないか!!

   忘れもしない1997年1月15日(1996年度)。ケガなどの影響もあり、筆者はスタンドで、仲間たちから「歓喜の雄たけび」が上がることを必死に祈っていた。ところが、明大の「重戦車FW」の前に、早大は防戦を強いられる...。結果、自陣ゴール前で反則を犯してしまい、認定トライを許してしまった...。

   その夜、仲間と酌み交わした「涙割の酒」は、20年以上たった今でも忘れることはない。

   とにもかくにも、平成最後の「決戦」の時は来た。今秋、開催される「ラグビーW杯日本大会」を迎えるにあたり、両校による最高のゲームを期待したい。

(J-CASTトレンド編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中