2019年 2月 23日 (土)

2.5ミリ・4極バランスケーブル採用イヤホン 音の定位が向上

印刷

   イヤホンを手がけるオーツェイド(群馬県高崎市)は、イヤホン「intime碧(SORA)Light-Balanced」を2019年1月下旬に初回ロット1000台先行で発売する。

  • 高コスパながらサウンドチューニングに妥協なし
    高コスパながらサウンドチューニングに妥協なし

ケーブルの太さや材質など徹底的にこだわる

   10ミリ径ダイナミックドライバーに加え、独自の積層型セラミックツイーター「VST(Vertical support tweeter)」を搭載。

   金メッキの2.5ミリ4極バランスケーブルを採用し、18年発売の「intime碧Light」のフラットな周波数特性や見通しの良い中高域、スピード感のある低域などの特徴はそのまま、左右の音の分離度やケーブルの芯材の材質などにもこだわってチューニングし、音の定位が向上した。

   「intime碧Light」よりやや太めのケーブルを採用し、線材のインピーダンスを低減したほか、芯材のOFC(無酸素銅)も、より完成度の高い材質を同社の代表自ら選定したという。

   傘部分の面積が大きく耳へのフィット感に優れるイヤーピース「スピンフィット CP-140」(S/M/Lの3サイズ)が付属する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中