2019年 2月 21日 (木)

UI刷新し効率的に学習をサポート 電子辞書「EX-word」14機種

印刷

   カシオ計算機は、電子辞書「EX-word(エクスワード)」シリーズ14機種を2019年1月25日から順次発売する。

  • 見やすさ&使いやすさがさらに向上
    見やすさ&使いやすさがさらに向上

高校生モデルでは「英検」対策の学習コンテンツを拡充

   いずれも、効率的に学習をサポートするツールとしてホーム画面のレイアウトやコンテンツの表示画面などUI(ユーザー・インターフェイス)を刷新したほか、英語の学習コンテンツのさらなる拡充を図ったという。ノートをイメージした、文具類にも馴染むシンプルかつフラットなデザインを採用した。

   5.2型VGAカラー液晶を搭載し、「UDフォント(イワタUDゴシック体、イワタUD明朝体)」を新採用したほか行間スペースの拡大、効果的な文字色の活用などにより読みやすさを改善。また言葉をタッチペンでなぞるだけでミニ辞書を参照でき、ジャンプ検索や音声など利用可能な機能がひと目で分かるようメニュー表示も改良した。

   高校生モデル「XD-SR4800」では、2020年度の大学入試改革により英語の「聞く」「読む」「話す」「書く」4技能を測る民間検定試験として注目されているという「英検」対策の学習コンテンツを拡充。「過去6回全問題集」や「予想問題ドリル」などを収録し、バランス良く学習できるという。

   ラインアップは、学生モデル(高校生、中学生)2機種、生活・ビジネスモデル(プロフェッショナル、ビジネス、生活・教養)3機種(一部2月8日発売)、外国語モデル(英、独、仏、中、伊、西/葡、韓、露)8機種(3月8日発売)、理数系の学習に役立つ専門モデル1機種(同)。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中