2019年 10月 21日 (月)

通常の映像もAIがHDR品質に 4Kチューナー内蔵液晶テレビ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   パナソニックは、BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵の4K液晶テレビ「4Kビエラ GX850」シリーズ2019年1月25日に発売する。

  • 4Kチューナー内蔵、BS4K/110度CS4K放送が楽しめる
    4Kチューナー内蔵、BS4K/110度CS4K放送が楽しめる

立体音響「Dolby Vision」も楽しめる

   画質面では、地上デジタル放送など通常の映像もAI(人工知能)を活用してHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)のような高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」を新搭載。別売の外付けハードディスクを接続すれば4K放送の録画が可能だ。

   Ultra HDブルーレイの標準規格「HDR10」、4K衛星放送で採用される「HLG」、最新規格「HDR10+」、「Dolby Vision」4方式のHDRフォーマットに対応する。

   音質面では、30ワットの「ダイナミックサウンドシステム」に加え、立体音響システム「Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)」を採用し、テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれるという立体音響が楽しめる。

   そのほかリビングでの快適視聴を実現するというこだわりの"日本仕様"として、様々な視聴位置からでも鮮やかな映像の「4K高輝度IPSパネル」、吸着機能を備えた「転倒防止スタンド」を採用する。

   サイズは65V/55V/49V/43V(2月22日発売)型をラインアップする。

   また、「AI HDRリマスター」や「Dolby Atmos」などが非搭載のモデル「GX750」シリーズ(49V/43V型)も同時発売する。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!