2019年 11月 20日 (水)

「ラグビー×猫」で「ラガーにゃん」! 「女性自身」の連載まんがカワイすぎて萌える!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ラガーにゃん」というキャラクターを、ご存じだろうか? 光文社発行の「女性自身」で連載されている「まんが」である。

   同まんがは、白猫、黒猫という可愛らしい両チームが対戦しつつ、練習や試合を通じてラグビーの「イロハ」を学び、その面白さ伝えていく...という作品である。今年9月20日に開幕する「ラグビーW杯日本大会2019」を目前とした1月18日、ついに書籍化が実現した。

  • 光文社より発売された「ラガーにゃん」の表紙。カワイイ顔なのに、眉毛が吊り上がっているところがギャップ!
    光文社より発売された「ラガーにゃん」の表紙。カワイイ顔なのに、眉毛が吊り上がっているところがギャップ!
  • 白猫チームと黒猫チームが、楕円球をめぐって大暴れ!
    白猫チームと黒猫チームが、楕円球をめぐって大暴れ!
  • キックだって、蹴っちゃうもんね~!
    キックだって、蹴っちゃうもんね~!

「ラグビーW杯」を222倍(ニャーニャーニャー)楽しむ必読「まんが」

   記者は元ラガーマンの40代男性だが、なかなか、女性誌を手に取る習慣がない。ただ、J-CASTでは女性誌を定期購読しており、お昼休みにパラパラ...っと眺めていると、女性自身に「ラガーにゃん」なる連載が載っているではないか!

   「ラグビー×女性誌」...とは、おおよそ180度違うカテゴリーな気もするが、このギャップを埋める「猫」が、カワイくてたまらない。ストーリーとしては「白猫チームと黒猫チームがラグビーで対戦する中、様々なルールを分かりやすく解説する」というもの。初版本の帯には「ラグビーワールドカップを222倍(ニャーニャーニャー)楽しむ必読まんが」と称し、現役代表WTB(ウイング・スリークオーター・バックス)の「スピードスター」としても知られる福岡賢樹選手も登場している。

   この絵を手掛けているのが、漫画家・そにしけんじ氏。同氏は、1969年に北海道で生まれ、自身も高校1年からラグビーを始めたそう。また「大の猫好き」が興じ、両方の良いとこ取りをした結果、同まんが「ラガーにゃん」が誕生したという。

   そして、同書の解説を務めているのが、元日本代表の廣瀬俊朗氏だ。同氏は、

「練習後の豚汁やお汁粉が目当て(笑)。ほかの選手も父親や兄がやっていた、体が大きくて先生に誘われたなど、始めた理由はさまざま。防具を着用しないで相手と接触するから痛い目にあうことも。でもそれが楽しいのです。」

とつづっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!