2019年 2月 22日 (金)

「カラオケ機能」搭載の一体型オーディオ マイクミキシングやエコーも

印刷

   音響機器メーカーのティアック(東京都多摩市)は、一体型オーディオ「LP-R560K」を2019年1月下旬に発売する。

  • 配線不要・簡単操作、多彩なメディアの再生&録音が楽しめる
    配線不要・簡単操作、多彩なメディアの再生&録音が楽しめる

アナログレコードやカセットテープをCDに録音可

   アナログレコードを再生できるターンテーブルとカセットプレーヤー、CDプレーヤー、AM/FMチューナー、アンプやスピーカーを1つの筐体に収めた配線不要の一体型。

   「2段階エコー」や「マイクミキシング」、プラスマイナス約1オクターブの「キーコントロール」など「カラオケ機能」を追加したモデル。アナログレコードやカセットテープをCDに録音できるほか、「ボイスキャンセル機能」により通常の楽曲のボーカル部分を小さくしてカラオケを楽しめる。マイク入力端子×2を装備し、デュエットも可能だ。

   見やすいバックライト付きLCD表示部を搭載。日本語表記の操作パネルの採用に加え「簡単録音ガイド」DVDが付属し、簡単に録音が行えるという。同社のHi-Fi設計ノウハウにより、しっかりとした低音の厚みと広がりのあるサウンドを実現した。

   ターンテーブルはオートリターン機能付きの3スピード対応。カセットプレーヤーはノーマルのほかクロムテープ(ハイポジション)も再生可能。FMチューナーはAMラジオの番組をFM放送で聴ける「ワイドFM(FM補完放送)」に対応する。アナログ外部入出力は各1系統を装備。

   モノラルマイク×1本、EP盤用アダプター、RCAオーディオケーブル、ダストカバー、ヒンジ×2、AMアンテナ、リモコンなどが付属する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中