2019年 2月 22日 (金)

パインアメ「カレーの日」に明かした秘話 「幻のキャンディー」は超画期的だった 

印刷

   1月22日は、日本記念日協会認定の「カレーの日」だ。「パインアメ」で知られる製菓メーカー「パイン」(大阪市)の公式ツイッターアカウントは、カレーにまつわるこんなエピソードを投稿した。

「カレー味の飴を試作してもらったことがあるのですが、製造ラインにカレー臭が付いてしまうので商品化は諦めました」
  • 「どんぐりガム」コーラ味
    「どんぐりガム」コーラ味
  • 「パインアメ」
    「パインアメ」

お菓子というよりは「ごはん」

   J-CASTトレンドが19年1月22日にパインに電話取材したところ、公式ツイッターの運営を担当する開発部社員は、

「2~3年前に、弊社のポケットキャンディ『どんぐりガム』の新しい味としてどうか、という企画が持ち上がったためです。企画会議に出す段階まで話が進んでいました」

と回答した。「どんぐりガム」は外がサクサクのアメ、中にガムが入っているお菓子で、現在パインのウェブサイトではコーラやサイダー、アップル、グレープの4種が紹介されている。

   また、開発部社員は試作したカレー味の「どんぐりガム」を食べたことがあり、

「中はごはん味のガム、外はカレー味のキャンディになっていて、かんで(口の中で)混ざると『カレーライス』味になります(笑) かなりリアルなカレーの味がして、おいしかったです」

と話した。かんでいると満腹感が味わえて、お菓子というよりは「ごはん」という印象が強かったそうだ。

   しかしツイートにあった通り、商品化は見送られた。同じ製造ラインで別のアメも作るため、例えば「カレー風味のパインアメ」ができてしまう恐れがあるのだ。この問題のほかに、前出の開発部社員は「面白い企画ではあるが、手に取る時のハードルが高いのではないか」という指摘もあったと明かした。前述の「カレー味の飴を試作してもらったことがある」というツイートには「ちょっと食べてみたい」といった好意的なリプライが見られるが、

「今後も商品化の予定はありません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中