2019年 7月 23日 (火)

坂道や信号の多い日本の街乗りに対応した「e-bike」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   あさひ(大阪市)は、「LOUIS GARNEAU(ルイガノ)」から「ASCENT e-sports(アセントイースポーツ)」を2019年1月下旬に発売する。

  • 日本の街乗りに対応したミニベロタイプのe-bike登場!
    日本の街乗りに対応したミニベロタイプのe-bike登場!

5時間の充電で最長115キロ、週末の小旅行にも

   スポーツ性にこだわり日本の街乗りシーンにおいての利便性も追求したミニベロタイプの「e-bike」だ。発表資料によるとe-bikeは近年欧州でブームが巻き起こっており、そのブームが日本にも到来、日本のe-bike市場もますます盛り上がりを見せているという。

   操作性の高い小径タイヤや、パワフルな走行をサポートするドライブユニット"SHIMANO STEPS"、様々な道に対応可能なコンポーネント"SHIMANO DEORE 10speed"を組み合わせた、坂道や信号が多い日本の街乗りでも快適に使用できる。

   また、11.6Ahの大容量バッテリーを搭載しており、5時間の充電で運転できる距離が最長115キロ。e-bikeを利用した週末の小旅行にも対応できるという。さらに、ミニベロタイプの特性をいかし車への積載や自宅内での保管も容易。ブレーキは天候に左右されずに抜群の制動力を発揮できるシマノ社製油圧式ブレーキを搭載することで、誰でも安全かつキビキビとしたライディングを楽しめる。カラーはホワイトとブラックの2種類。

   価格は35万6400円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中