2019年 7月 16日 (火)

FP、社労士、宅建士など 入門資格書「1冊目の教科書」シリーズ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   KADOKAWAは、各種資格試験向け参考書「1冊目の教科書シリーズ」を、2019年1月19日に発売した。

  • 分かりやすく最後まで学習できる入門書
    分かりやすく最後まで学習できる入門書

著者は「LEC」のトップ講師陣

   「勉強の仕方や専門用語を分かりやすく教えてほしい」「資格全体を見渡す知識を1冊で把握したい」といった社会人が抱くニーズを参考に、資格の総合スクールLEC東京リーガルマインドのトップ講師陣が著者となり、新しい入門書シリーズを創刊した。

   1月19日に登場したラインアップは、「FP(ファイナンシャル・プランナー)」「社労士(社会保険労務士)」「中小企業診断士」「司法書士」の4資格。2月には「宅建士(宅地建物取引士)」「行政書士」「ビジネス実務法務検定試験」、3月には「簿記」を刊行予定だ。

   項目毎に見開きでページを構成。左ページで頻出ポイントを解説、右ページにはイメージで内容がつかめるよう図・イラストを多用した。全ページオールカラーで、わかりやすさ、使いやすさにこだわったという。人気・実績共にトップレベルの講師陣が執筆しているため、正しい勉強法や合格ポイントが身につき、貴重な「お金」や「時間」が無駄にならない。試験範囲全てに触れるこれまでの参考書スタイルでは、受験者が最後まで学習できないという問題点があったが、同書は無駄をなくすことで、10時間で読めるボリュームを実現。約200ページながら頻出ポイントを網羅しており、忙しい社会人でも効率的な学習が可能だという。

   価格は1300円~1500円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中