2019年 2月 16日 (土)

日本財団のAbemaTV番組 「10億円会議キャンペーン」が凄い

印刷

   日本財団(東京・港区)が、インターネットテレビ局「AbemaTV」で毎週火曜日に放送中のレギュラー番組「10億円会議 supported by 日本財団」の連動企画として「10億円会議キャンペーン」を2019年2月1日からスタートした。

  • 日本経済新聞朝刊に掲載された日本財団のキャンペーン広告
    日本経済新聞朝刊に掲載された日本財団のキャンペーン広告
  • 同番組でメインMC を務めるデーモン閣下
    同番組でメインMC を務めるデーモン閣下

審査員5人にプレゼンし、心をつかむと10億円獲得のチャンス?!

   同番組では「社会の課題を解決し、世の中に変革を起こす提案」を募集している。この中で優れた案には、日本財団が用意した総額「10億円」から、活動資金を提供されるという企画を実施。

   同企画に挑戦した人は、審査員5人に対し、アイデアをプレゼンテーションする。審査員全員の心をつかむと「合格」となり、日本財団による審査を経て資金獲得の機会を得られる。

   この番組と連動した「10億円会議キャンペーン」では、同じように社会変革を起こすアイデアをツイッター上で募集している。アイデアと共にハッシュタグ「#にっぽんざいだん」を付けると参加でき、そのアイデアが評価されると公式アカウントから「いいね」やリツイートがもらえる可能性もある。

   日本財団はキャンペーン開始に合わせて、JR渋谷駅のハチ公前にある渋谷憲章シートや日本経済新聞の朝刊に広告を掲出。「金持ちには思いつけない世界の救い方ってありますか?」などのメッセージを通して、ユニークな提案を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中