2019年 10月 20日 (日)

おかん、バレンタインはそっとしておいて 切実な願いを掲げた協会がツイッター上に出現

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年のバレンタインまで1週間。待ち遠しい、楽しみだという人がいる一方、あまり歓迎できない、という人もいるかもしれない。

   そうした中、子どものころ母親に「バレンタイン」の事情を詮索された苦い思い出を持つ男性たちから、そこはかとない共感を呼びそうな「団体」がツイッター上に出現した。その名も「全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会」だ。

  • 「#全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会」がツイッターに発足
    「#全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会」がツイッターに発足

「バレンタインデー小学生男子あるある」話から派生

   同協会の発起人は、出版社・PHP研究所の公式ウェブメディア「衆知」の公式ツイッターアカウント。2019年2月5日の投稿で、「チョコをもらってこない男子の気持ちをわかってあげようという有志による勝手団体」と説明している。

   発足した背景には、2019年2月1日、菓子メーカーの天恵製菓(長野県下伊那郡)とスマートフォンアプリ「キャンディークラッシュフレンズ」がツイッター上で行ったコラボキャンペーン「#気の毒バレンタイン」がある。この、バレンタインにまつわる残念なエピソードをツイートした人に抽選でプレゼントを贈るという企画に「衆知」の公式アカウントが以下のリプライ(返信)を寄せたことがきっかけだ。

「何が嫌だって、小学生の頃、お母さんに『チョコもらってきた?』と聞かれるのが嫌でした。『そんなもんいらねえし!』としかいえなかったからね。 #気の毒バレンタイン」

   するとこの投稿に天恵製菓の公式ツイッターアカウントが「バレンタインデー小学生男子あるあるかも」と反応。「衆知」が「『ねえ、ねえ、だれがいちばんモテるの?』『**ちゃんは、いくつもらったの?』とか」と、バレンタイン当日に母親からよく聞かれる質問を次々に挙げたところ、天恵製菓の公式ツイッターアカウントが

「全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会を設立したくなります」

と発言した。

   これらの流れを受けてハッシュタグ「#全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会」が作られ、2月7日16時時点では15ほどの個人・企業のツイッターアカウントが会員となっている。

誰にとってもハッピーであるように

   J-CASTトレンドは19年2月7日、同協会の発起人となったPHP衆知の公式ツイッターアカウントを運営する、PHP研究所の広報部社員に話を聞いた。すると

「他社のツイッターアカウントとやりとりをしている間にできていた架空団体ですので、ここまで反響があるとは思いませんでした。2月14日を過ぎれば自然消滅すると思いますが、全国のお母さんと子ども、誰にとってもハッピーなバレンタインであるようにと願っています」

   このような回答が得られた。協会への入会は個人・法人問わず可能で、最寄りの会員に希望を伝えるか、ハッシュタグ「#全国おかんバレンタインはそっとしてくれ協会」をつけてツイートすると会員として認められる場合があるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!