2019年 11月 13日 (水)

著作権がこっそり伸びた時代に著作権がなかった頃の「バッハの名曲」を考える

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

なぜ「バッハの名曲」と思われたのか

   どうして、長い間大バッハの作品とされてきたかというと、この作品が、彼が2番目の妻の音楽練習のために贈った「アンナ・マグダレーナの音楽帖」という曲集に収められていたからです。そのころは、現代のように「ピアノ練習曲集」などという便利なものは出版されていませんでしたから、バッハ家など音楽家の家系では、年長者が年少者のために、学習に最適とされる作品を選んだアンソロジーを編み、それをもとにレッスンを進めていたからなのです。J.S.バッハは、子たくさんでしたから、子供のためにも音楽帖を編んでいます。

   音楽帖は、主に、その当人・・・この場合は大バッハ本人・・・の作品を、あちこちから集めてきたものなのですが、まれに、まったく他人の作品も混ぜられていたのでした。バッハが、他人の作曲でも「教育的にこれは良い」と認めた作品、ということですね。現在のドイツ中北部から全く出たことのなかったバッハですが、彼は楽譜を取り寄せて、フランスやイタリアのスタイルにも精通していましたから、バッハ自身の「勉強道具」でもあったわけです。

   著作権、という感覚がない時代でしたし、「家庭内での私的使用目的」がメインだったわけですから、バッハは悪気なく、ペツォールトの作品を(おそらく無断で)、自分の音楽帖に転載してしまったわけですが、彼の死後、彼自身が大変高く評価され、その作品がくまなく出版されて世の中に知られるようになり、ペツォールト作品は、ヨハン・セバスティアン・バッハのメヌエットとして、知られるようになってしまったのです。ちなみに、ペツォールト作品は、同じくバッハ作として長年知られた、この曲とカップリングのト短調のメヌエットの作品のほかは、数曲が伝わっているだけで、ほとんど残っていません。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!