2019年 11月 13日 (水)

ONE OK ROCK、世界で戦う
最前線バンドの「PART2」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「日本のバンドの代表という意識は全くない」

   やはり、去年のドームツアーのステージで彼は自分たちの活動について「皆さんが思ってるよりも険しい道のりを通ってるんじゃないかと思ってます」と言った。

   例えば、そうやって全世界を廻るワールドツアーについてもそうだろう。2016年に静岡県浜松市の渚園に2日間で11万人を集めて行われた野外イベントを収めたライブDVDには、前作「AMBITIONS」のレコーディング風景やツアーの様子を記録したドキュメンタリーがついている。ベッドのついたバスで移動し、その合間を縫ってバンドメンバーとスタジオにこもり、外国人プロデューサーと膝を突き合わせて楽曲の内容を決め込んでゆく。

   彼が放心したように「心身ともに参っております。疲れる」とつぶやくシーンもあった。

「アメリカのツアーは三段ベッドのバスです。結構、汚いし、揺れます(笑)。揺れるから全く寝れないんで、曲のことを考えます。ヨーロッパのバスは二階建てで綺麗ですね。アメリカは環境は悪いけど、そういうバイブスがあるんで、むしろ自然体でステージには立てます。日本の方が完璧にしないといけないとカッコつけちゃうところがあるかもしれません(笑)」

   言うまでもなく日本のポップミュージックはアメリカやイギリスの音楽に影響されてきた。特にロックやジャズはアメリカが聖地だった。美空ひばりや坂本九の時代から、一度はアメリカでやりたいという夢を持たなかった人の方が少ないはずだ。YMOや矢沢永吉、DREAMS COME TRUE、松田聖子、そして宇多田ヒカルに至るまで数多い。でも、それだけの規模でツアーを廻るところまでになった例で思いうかぶのがラテン音楽のオルケスタ・デ・ラ・ルスくらいだろう。X-JAPANもそこまで"トラベリンバンド"には徹していなかった。

「バンドを組み始めた時から海外で活動をしたいという気持ちがずっとあって。その頃から思えば信じられない。でも、信じてやってきたからたどり着けた。どうやって活動していくかという真髄に迫っている感じはありますね」

   前作「AMBITIONS」はビルボード誌のロックアルバム・チャートで12位、ハードロックチャートで2位というデータもある。

   ロックバンドの総本山でどんな戦いを展開してゆくのか。彼の繊細さも備えたシャウトの美しさと歌いやすいメロディーは、日本人のロックバンドならではだと思うのはひいき目だろうか。日本語まじりの英語の歌詞を英語圏の若者が大合唱する。そんな時代が来た。

   彼は「日本のバンドの代表という意識は全くないけど、年下の人たちに自分たちが見せる背中の広さは意識して行きたい。どんどんチャレンジしていって欲しいですね」と言った。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!