2019年 11月 22日 (金)

仮面女子・猪狩ともか「パラスポーツイベント」全力応援 「大きな声でパワー届けたい」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
「2月24日に行われるイベント『BEYOND STADIUM』のPRに参りました!」

   2019年2月15日、東京都心で雪が降る寒さのなか、アイドルグループ「仮面女子」のメンバー・猪狩ともかさんがJ-CASTに来社した。猪狩さんは、東京都が2月24日に大田区総合体育館で開催するパラスポーツ(障がい者スポーツ)観戦・応援イベント「BEYOND STADIUM」の応援リーダーだ。「仮面女子」のメンバー・黒瀬サラさん、橋本友梨英さん、水野ふえさんらと共に、同イベントやパラスポーツの魅力を笑顔で語ってくれた。

  • J-CASTに来社し、「カス丸」と写真を撮ってくれた「仮面女子」メンバーたち
    J-CASTに来社し、「カス丸」と写真を撮ってくれた「仮面女子」メンバーたち
  • (左から)「仮面女子」・猪狩ともかさん、黒瀬サラさん、橋本友梨英さん、水野ふえさん
    (左から)「仮面女子」・猪狩ともかさん、黒瀬サラさん、橋本友梨英さん、水野ふえさん
  • 仮面女子の決めポーズを披露
    仮面女子の決めポーズを披露

アスリートたちの実戦観戦ほか、競技体験会も

   本イベントは、メインアリーナとサブアリーナに分かれて企画が用意される。メインアリーナではアスリートたちによる「パラ・パワーリフティング」、「ウィルチェアーラグビー」の2競技を実施。パドリングマシーン(エルゴ)を使ったカヌー体験、車いすフェンシング体験などの「競技体験会」も予定されている。サブアリーナでは、スタンプラリーや迷路などが行われる。

   猪狩さんは18年4月に起きた不慮の事故以来、両下肢に麻痺が残り、車いす生活を余儀なくされている。それでも必死のリハビリの結果、事故後4か月ほどでアイドル活動を再開。同年9月に退院して以降、仮面女子として活動するだけでなく、さまざまなパラスポーツ体験もしてきた。今回のイベントでも企画されているパラ・パワーリフティングのほか、テニス、バスケ、ソフトボール、陸上、フェンシングに挑戦してきたと言い、

「中でも、もっと上手くなりたいと思ったのはテニスです。中学3年間ソフトテニスをやっていたんですけど、その時にできていたはずのことが車いすになると全くできない。ラケットを持って車いすを動かす、向きを替えるというだけでも本当に難しいんです。それが面白さにつながります」

といきいきとした表情で語った。

   黒瀬さん、橋本さん、水野さんたちは、猪狩さんがパラスポーツに取り組んでいる様子を、猪狩さんがツイッターに投稿する画像や動画を通じて見ているという。彼女たちの目に、その姿はどう映っているのか。

黒瀬さん「仮面女子とはまた別の世界で頑張っている姿に、『すごいな』と思っています。これからも挑戦していくことがたくさんあると思いますが、何事も楽しみながら挑戦してほしいです」
橋本さん「パラスポーツのテニスをしている猪狩さんはすごく楽しそうでした。また猪狩さんがテニスをしているところを見たいですし、私もテニスをちょっと習っていたのでやってみたいです」
水野さん「私もテニスをしている姿を見て『楽しそう』だなと思いました。パラスポーツについて深く知らなかったので、いがともちゃん(編注:猪狩さんの愛称)がやっているのを見て興味が湧きました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!