2019年 4月 24日 (水)

昭和のテレビやプレーヤーがミニチュアサイズのガジェットに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タカラトミーグループのタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、昭和時代の家電で現代のコンテンツを楽しめるミニチュア家電ガジェット「ザ・昭和シリーズ」第1弾の3モデルを、2019年2月28日に全国の雑貨店およびインターネット通販などで発売する。

  • 平成の終わり、昭和の家電がミニチュアサイズで復活!
    平成の終わり、昭和の家電がミニチュアサイズで復活!

「砂嵐」はテレビを叩けば収まる

   「昭和スマアトテレビジョン」は、ダイヤルをガチャガチャと回してチャンネルを切り替え、時々"砂嵐"が現れると叩いて直す...という"昭和時代のテレビ体験"が、スマートフォン(スマホ)を使用して再現できる。

   スマホに専用アプリをインストールし、アプリ上で動画サイトなどのURLを5つまで登録。昭和のお茶の間にあったようなレトロなデザインを採用したテレビ本体の背面カバーを外してスマホをセットし、画面サイズを設定すれば「しばらくお待ちください」の画面のあと、昭和風のレトロな画質で動画が再生される。画面横に備えた「黄金ダイヤル」を回せば、動画の切り替えも可能だ。

   「白黒」「カラー(古・1960年代風)」「カラー(新・1980年代風)」「地デジ」4つの再生モードを搭載。また、「地デジ」以外のモードで再生すると、画面が乱れ"砂嵐"が表れる場合があり、テレビの天面を手で叩けば収まるという「砂嵐手振動修復方式」を備える。

   価格は3980円(以下全て税別)。

   「昭和レコードスピーカー」は、Bluetooth(ブルートゥース)に対応。スマホなどの機器とペアリングしたあと、レコードプレーヤーのようにターンテーブルに付属のミニチュアレコード盤をセットし、アームを動かして盤の上に落とすと再生が開始される。ターンテーブルが回転するギミックも搭載。レコード盤はシングル盤とソノシートが付属する。

   さらに、スマホに専用アプリをインストールすれば、本体の「回転数切り替えスイッチ」と連動し、45回転風・33回転風の2種類のスピードで音楽が再生できるほか、画面に表示されているレコード盤に触れればスクラッチ音が鳴るという。

   電源は単4形アルカリ乾電池×4本(別売)。

   価格は4980円。

   「昭和ミニラジカセ」は手のひらサイズで、本体に約3.2センチサイズの小さなカセットテープを入れると録音が楽しめる。カセットテープを裏返せば、A/B面それぞれ最大5分間の録音が可能だ。早送り/巻き戻しボタンを押して「キュルキュル」という独特の音とともに頭出しもできる。

   切り替えスイッチと選局ダイヤルでAM・FMラジオが聴けるほか、ラジオの音のインライン録音や、身の回りの音声を録音して楽しめる。電源は単4形アルカリ乾電池×3本(別売)。

   価格は5480円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中