2019年 3月 26日 (火)

明るいリビングでも4K相当のHDR映像を ホームプロジェクター

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   エプソンは、ホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ) EH-TW8400W」を2019年2月21日に発売する。

  • 臨場感ある大画面映像を自宅で堪能
    臨場感ある大画面映像を自宅で堪能

映像の明暗差が豊かでリアルな表現が可能

   色再現に優れ、カラーブレーキングのない明るくクリアな大画面映像を実現する「3LCD」方式を採用。4K解像度相当の画質、HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)に対応する。明るさは2600ルーメンで、従来モデルと比べ100ルーメン明るくなったという。

   HDR規格は「HDR10」に加え「HLG」も対応し、「Ultra HD Blu-ray」や4K放送も楽しめる。情報量が豊富な4K/60p 18Gbpsの伝送帯域に対応し、映像の明暗差が豊かでリアルな表現が可能だという。

   「4Kエンハンスメントテクノロジー」を採用し、光の透過率が高いフルHDパネルを使用することで光を効率的に活用でき、4K相当の解像度を実現しながら明るく色鮮やかな表現が可能。明るいリビングでも映画鑑賞やドラマ、スポーツ、音楽、ゲームなどの映像を、大画面で臨場感たっぷりに楽しめる。

   上下96%・左右47%のレンズシフトが可能な2.1倍ズームレンズを搭載。様々な場所に設置できる。フォーカス/ズーム/レンズシフトはいずれも電動式で、ポジションを10個まで登録可能だ。

   接続端子はデジタル著作権保護規格「HDCP 2.2」準拠のHDMI×2系統を備える。長距離でも安定した信号伝送が可能な光HDMIケーブル用の給電端子も装備する。プロジェクターと映像プレーヤーの長い配線が不要な4K入力信号のワイヤレス伝送に対応する。

   「エプソンダイレクトショップ」での直販価格は32万9980円(税別)。

   4Kワイヤレス伝送非対応モデル「EH-TW8400」も同時発売する。直販価格は29万9980円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中