2019年 12月 15日 (日)

カードのドット絵をスマホでスキャン →3D化、バトルゲーム

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   バンダイは、「クラフトカードゲーム ドットヒーローズ」を、2019年3月1日に全国の玩具店などで発売、同時に専用アプリもリリースする。

  • リアルとバーチャルが融合 襲来するモンスターから地球を守れるか!?
    リアルとバーチャルが融合 襲来するモンスターから地球を守れるか!?

色や比率、カードの「レアリティ」によって誕生するヒーローのステータスが変化

   同社によれば史上初だというリアルとバーチャルを融合させたカードゲーム。色鉛筆やカラーペンなどで専用カードのマス目状(19×19)のガイドラインに合わせてドット絵のオリジナルヒーローを描く。専用アプリでスキャンするとヒーローが自動で立体化し、3Dのドットヒーローが誕生。

   「次々と襲来するモンスターを倒して地球を救う」というミッションをクリアするため、作成したドットヒーローとアプリ内に登場するモンスターをバトルさせる。

   使用した色やその比率、描いた絵がヒーローの属性や強さ(ステータス)に影響。またカードには4つの「レアリティ」があり、その高さによって、より強力なヒーローが生まれるという。

   「カードパック」は1パック3枚入りで価格は240円(税込)。アプリは基本プレイ料金無料、アプリ内課金あり(カードパック購入)。対応OSはiOS 11~、Android 5.1~。

   なお同社では、今後もユーザーが描いたカードを使用してアプリでプレイできる「クラフトカードゲーム」シリーズを順次拡大していく。

   詳しくは特設サイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!