2019年 8月 19日 (月)

ハローキティが各車両に遊びに来る 新幹線「貸しきり」の旅

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本旅行(東京都中央区)は、「ハローキティ新幹線で行く博多」を国内パッケージツアーブランド「赤い風船」で2019年2月22日から販売している。出発日は4月13日限定、新大阪・新神戸・姫路発着。

  • 大人気のキティ新幹線弁当も食べられる
    大人気のキティ新幹線弁当も食べられる

団体臨時列車ならではのサービス

   JR西日本が18年から運行している「ハローキティ」コラボレーションの新幹線を、一編成貸しきり(往路のみ)できるプラン。2日間コースの「JRと宿泊のセットプラン」と、お手軽な「日帰りプラン」をラインアップする。

   「JRと宿泊セットプラン」の宿泊先は、博多のホテル15か所から選択可能。ハローキティも同乗し、各車両に遊びに来る。団体臨時列車だからこそ実現したという、ワゴンによるグッズの販売も実施。さらに、「赤い風船ハローキティグッズ」として不織布バッグ・レジャーシートが、「ハローキティ新幹線グッズ」として弁当(陶器製)・ボトルウォーターも付いてくる。

   旅行代金例は、「JRと宿泊のセットプラン」が2万8900円、「日帰りプラン」が1万9800円(代金は、新幹線の座席や選択するホテルによって変動する)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中