2021年 3月 2日 (火)

あいみょん、「瞬間的シックスセンス」
懐かしくて新しい音楽

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「聴かれる音楽でありたい」

   アルバムは12曲入り。去年の4月に出た「満月の夜なら」以降の曲が収められている。東京の業界で目にした現実や今、音楽に対して思っていること。「去年書いた40曲以上の中から選んだ曲」にはシンガーソングライターとしてより自覚的になった23歳がいる。「インディーズ時代も含めれば15歳から書いた曲が200曲以上はある。曲がない、じゃなくて、良い曲が一杯ある幸せな悩み。自分の身の回りに起きること、目から入るものは歌に出来ると思ってますし。曲を作ることに今は悩みがない」と言った。

   彼女の曲を聴いてからプロフィールやインタビューの中に出てくる「影響されたアーティスト」を見て素直に納得してしまった。

   そこにはビートルズ、浜田省吾、吉田拓郎、尾崎豊、石崎ひゅーい、フリッパーズギター、スピッツ、HYなどの名前が並んでいた。父親が浜田省吾のファンで「家族全員浜省ファン。前回のツアーでもライブ前に浜省の『J.BOY』のライブ映像を流してました」と言った。彼女の曲や歌いっぷりの揺るぎない心地よさは、そうしたアーティストたちが土台になっているからと言えそうだ。とは言え「何々風」という次元にはない。

「真似したくなるような人たちばっかりで、ただただファンです。でも、同じことをやってもしょうがないし、負けたくないぞ、みたいなものはあります」

   前作のアルバム「青春のエキサイトメント」の中の「風のささやき」に「僕の居場所はどこだい」という一節があった。メジャーデビュー3年。今は、そのことについてどう感じているのだろうと思った。「消費されている」と感じることはないのだろうか。

「あります。今とかも。とりあえず流行っているから、みたいな。消費される音楽ではなく聴かれる音楽でありたい。そのためにも自分をちゃんと伝えていきたい。居場所はどこにもないかもしれません。家でもないし。芸術という場所にいたい」

   デジタル音楽やバンド全盛の中に登場した「懐かしくて新しい」生粋のシンガーソングライター。メジャーデビューシングル「生きていたんだよな」のカップリング「今日の芸術」にはこんな歌詞があった。

「見たもの全てに頷いて 見たもの全てを批判せよ」

   新しさと懐かしさーー。

   こうして音楽は受け継がれてゆく。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!