2019年 10月 20日 (日)

フィンランド・ヘルシンキをVR観光体験 「Slush Tokyo 2019」で街の魅力をPR

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北欧フィンランドの首都・ヘルシンキ市が、2019年2月22日~23日に東京ビッグサイトで行われた世界最大級のスタートアップ・テクノロジーイベント「Slush Tokyo 2019」に出展した。

   今年はフィンランドと日本の外交関係樹立100周年のメモリアルイヤー。そのためヘルシンキ市は、最先端の都市デザインや住環境、芸術といった都市の魅力を日本で広めようと活動している。今回のイベント参加も、その一環だ。

  • 「VRヘルシンキ」元老院広場
    「VRヘルシンキ」元老院広場
  • 「VRヘルシンキ」建築家、アルヴァルト・アールト氏の自邸
    「VRヘルシンキ」建築家、アルヴァルト・アールト氏の自邸
  • 「VRヘルシンキ」ロンナ島
    「VRヘルシンキ」ロンナ島
  • (左から)ヘルシンキ市長室国際関係チーフアドバイザー・イーナ氏、ZOAN社CEO・ミッカ氏、ZOAN社チーフマーケティングオフィサー&パートナー・ローラ氏
    (左から)ヘルシンキ市長室国際関係チーフアドバイザー・イーナ氏、ZOAN社CEO・ミッカ氏、ZOAN社チーフマーケティングオフィサー&パートナー・ローラ氏
  • ヘルシンキ市ブースにて、VRヘッドセットを手に
    ヘルシンキ市ブースにて、VRヘッドセットを手に

ヘルシンキで事業始めたい人も呼び込みたい

   フィンランド発祥の「Slush Tokyo」はこれまでにシンガポールや上海などさまざまな都市で開催されているグローバルイベント。東京開催は今年で5回目となる。

   2月22日、J-CASTトレンドは「Slush Tokyo 2019」内のヘルシンキ市ブースを訪れた。展示されていたのは、VR(仮想現実)ヘッドセットを身に着け、都市を代表する名所・建築物を実際に訪れたかのような体験ができる「VRヘルシンキ」だ。記者も試したところ、ヘルシンキ大聖堂の前に広がる観光名所・元老院広場をはじめ、フィンランドの伝説的な建築家、アルヴァルト・アールト氏の自邸、海に囲まれた豊かな自然風景が広がるロンナ島など、3つの場所を感じられた。

   VRヘルシンキでは時間の経過とともに天気や季節が変わる様も楽しめる。例えば、元老院広場では少し待っていると雪が降ってきたり、アルヴァルト氏の自邸では、窓の外側に生えている木がゆっくりと赤く色づいたりする。ブース内ではあまり自由に動き回れなかったが、元老院広場の石畳やアルヴァルト氏宅の家具に、思わず手を伸ばして触ろうとしてしまった。

   ヘルシンキ市と共同でVRヘルシンキの制作に当たったVRスタジオ「ZOAN」社のチーフマーケティングオフィサー&パートナー、ローラ・アラ氏は取材に対して、

「旅行するには費用が掛かりますし、加齢や障害のために長旅がつらい人もいます。さまざまな事情で旅行が難しい人たちにもVRヘルシンキで気軽にヘルシンキを訪ねてもらいたい。また、ヘルシンキで新たにビジネスを始めたい人たちも呼び込みたいと考えています」

と述べた。VRヘルシンキに、「旅行」や「起業」に対するハードルを下げる役割を期待しているようだ。今後VRヘルシンキは一般向けに公開され、誰でもダウンロード・利用可能になる。ヘルシンキ市が掲げるVR上の訪問客数目標は100万人だ。

   そのほか、プレゼンテーションではVRヘルシンキについて、体験可能な名所・建築物をさらに増やすほか、現代だけでなく過去のヘルシンキの街並みも見て回れるようにしていくことが明かされた。そのほか、他人と一緒にVRヘルシンキを利用し、複数人で観光できるようにする機能も追加される予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!