2019年 11月 22日 (金)

企業ツイッター「中の人」も「ええっ?」 上司から「異色」のダメ出し受けちゃった

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   企業公式ツイッターが抱える問題のひとつに「ツイッター運用に対する、社内の理解」がある。ユーザーに受け入れてもらえるよう、ユニークな言い回しで商品やサービスをPRしたり、親しみを持ってもらおうと私的な内容をツイートしたりしていると、同僚や上司から「業務と関係ないツイートをしないように」と指摘される場合が、調べた限りではあるようだ。そのため、「社内で理解されない」と嘆く担当者がいる。

   ところが一方で、社内の理解がたっぷり過ぎて別の「叱り方」をされている企業公式ツイッターも存在する。

  • ぬりえ絵本「フルーツ戦士オレンジマン」
    ぬりえ絵本「フルーツ戦士オレンジマン」
  • 「フルーツ戦士オレンジマン」
    「フルーツ戦士オレンジマン」

「お行儀よくしていても意味がない」と営業部から指摘が...

「上司や同僚から『内容が堅い!業務連絡か!楽しくないと誰も見ないぞ!もっと趣味の話とかしろ!他の企業さんとも交流しろ!』と注意されたアカウントがこちらになります」

   このようにツイートしたのは、幼稚園や保育園に無料配布されているぬりえ絵本「フルーツ戦士オレンジマン」を発行する「オレンジマン編集部」のアカウントだ。2019年2月22日の投稿だが、いったいどんな経緯で注意されたのか、J-CASTトレンドは2月26日、同編集部のツイッター担当者に電話取材した。

「ツイッターは、私が『やってみたい』と提案し、16年11月に登録しました。会社のアカウントなので羽目を外さないようにと、しばらく大人しい内容の投稿をするだけでしたが、18年になって営業部の社員に『うちのツイッターってどんな状態?』と聞かれたんです。面白いツイートやキャンペーンで人気を得ている他社の公式アカウントを見て、『SNSはビジネスに有用だ』と思ったようです」

   当時はまじめな投稿が多かったため、営業部からは「お行儀よくしていても意味がない」と前述のツイートにあるような注意を受けたそう。今では商品のPRだけでなく毎朝あいさつのツイートをしたり、季節のイベントに関連する投稿をしたりしているが、ツイッターの運用方法については「いまだに各所からちょくちょくツッコミが入ります(笑)」。ただ、周囲が「やるからにはちゃんと」と、ツイッターに理解を示してくれて「ありがたい」と語る。

「初めは投稿する画像の編集作業ひとつとっても『手間をかけてはいけないのでは』と委縮していました。でもあまり手をかけないと『画像にもっとこだわらないと!』と周りからアドバイスされるんです(笑) そういう環境だと動きやすいし、ちゃんとやらなきゃと思います」

「『新しい動き』生み出し消費者にアピールしたい」

   ただ、最初から全社員がツイッターに好意的だったわけではない。ツイッター自体をよく知らず、どう有益かわからない人からは「反対はされませんでしたが、提案した時に『なぜやりたいの?』と聞かれました」。では、どう説得したのか。

「多くのフォロワーを獲得している企業アカウントを挙げて説得材料にしました。例えば『パインアメ』、『ノザキのコンビーフ』、『【公式】販促花子2代目』ですね。ツイートだけでなくさまざまなキャンペーンを常に手掛けて発信しているアカウントには、ユーザーが『いいね』や『RT(リツイート)』、『リプライ』を通じて参加できます。弊社もツイッターで日々そうした『新しい動き』を生み出し、消費者にアピールしたいと訴えました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!