2019年 11月 15日 (金)

ラグビー五郎丸歩「W杯日本大会」語る 自国開催だからこそ気になる盲点

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

中3日の強行日程...それを上回る「脅威」とは?

   しかし、次戦のスコットランド戦。実は、南ア戦から中3日という強行日程だった。スコットランドは日本戦が初戦。ラグビー経験者なら理解できるだろうが、80分間の激闘を終えた人間というのは、まさに「満身創痍(まんしんそうい)」である。つまり「ピンピン」状態のスコットランドと、日本は戦わなければならなかった。結果は、10-45。大敗を喫した。

   しかし、五郎丸選手は、

「日程については、最初から分かっていたこと。自分たちの準備ができなかっただけ」

と、決して言い訳はしない。さすがは「桜のジャージ」をまとった男。記者は、サムライ魂を感じてしまった。

   2019日本大会では、日本代表にとっては試合日程が非常にうまく組まれた。2019年9月20日のロシア戦から、ほぼ1週間おきに試合となっている。また自国開催ということもあり、選手たちにとっても移動は気楽だろう。

   ところが五郎丸選手は、

「自国開催の重圧、というものは計り知れないだろうと思います。海外の試合なら、自由な時間に各々、外に出たりとか、リラックスして過ごせます。でも、国内ではマスコミに張り付かれますから。そのプレッシャーの方が、厳しいと思います」

という主旨のコメントをした。

   開幕まで約7か月。報道も徐々に熱を帯び始めているが、我々メディアも、まずは「選手ファースト」を心掛けなければならない。

(J-CASTトレンド編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!