2019年 3月 26日 (火)

京都を五感で感じ取れるデザイン 阪急電鉄「京とれいん 雅洛」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   阪急電鉄(大阪市)は、「京とれいん 雅洛(がらく)」を2019年3月に導入。普通運賃で乗車可能(予約不要)だ。

  • 乗車した時から京都気分!
    乗車した時から京都気分!
  • 乗車した時から京都気分!
    乗車した時から京都気分!
  • 乗車した時から京都気分!
    乗車した時から京都気分!
  • 乗車した時から京都気分!
    乗車した時から京都気分!

すべての車両が異なる外観、車内デザイン

   現在、京都線で運行している観光特急「京とれいん」の2編成目。名前には「お客様を京都までお運びする列車」という意味が込められており、「和モダン・京町家」をイメージした内装が特長だ。11年3月から梅田~河原町間で運行している(土・日・祝日のみ)。

   「京とれいん 雅洛」は、現行の「京とれいん」のイメージを踏襲しつつ、「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに7000系車両を改造。"京都"を五感で感じ取れるようなデザインに仕上げたという。また、乗車するたびに京都気分を満喫できるよう、6両編成の1両ごとに季節を設定。すべての車両が異なる外観、車内デザインとなっている。さらに、各車両の内装には日本を象徴する花である桜や、日本の伝統文様である七宝紋など、多種多様なデザインをあしらった。

   なお、車内Wi-Fiを利用し、走行中の列車の前方映像をリアルタイム配信するサービスも行う。スマートフォンやパソコンで試聴可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中