2020年 7月 2日 (木)

櫻井翔「ラグビー日本代表」いけるかも! 司令塔「10番」田村優も驚いたキック

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「グラバー」より難しい「ドロップ」

   続いて、櫻井さんは「ドロップキック」にも挑戦した。ドロップキックとは、試合開始のキックオフ時に地面でワンバウンドさせて敵陣へ蹴り込んだり、敵陣ゴール前でワンバウンドさせて「H型」のゴールを狙うDG(ドロップゴール)などで使用する。

   記者もラグビー経験者だが、これはサッカーボールなどの「球形」であれば、さほど難しくない。しかし、ラグビーボールは楕円。また芝の状態によって微妙に跳ね返りが変わるなど、極めて難しいキックである。

   コツは、楕円球のボールを地面へまっすぐに落として蹴ること。田村選手はいとも簡単に蹴って見せたが、櫻井さんが蹴ると...「あさって」の方向へ飛んで行った。

「全然できない!」

と、イラつく櫻井さんに、田村選手は

「ボールを(地面に)落とす時に曲がっているから。だから(方向が)定まらないんです」

と極意を伝授していた。

(J-CASTトレンド編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!