2019年 4月 24日 (水)

Tシャツ着て寝てるだけ 「子どもが勝手にマッサージしたくなる」秘密

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   子守をしながらマッサージを受けられる――。子どもと親が「win-win」の関係を築けるファッションアイテムが誕生した。その名も、「子供が勝手にマッサージしたくなる線路Tシャツ」だ。

   背中に鉄道おもちゃ「プラレール」幅に対応したレールと、「こし」、「かたみぎ」、「かたひだり」、「せぼねちゅうおう」の4駅が描いてあり、うつぶせに寝ていると子どもがプラレールを走らせ、知らず知らずのうちにマッサージしてくれる。制作者はグーグル社員の河本健氏だ。J-CASTトレンドは、Tシャツ開発の背景を本人に取材した。

  • 子供が勝手にマッサージしたくなる線路Tシャツ
    子供が勝手にマッサージしたくなる線路Tシャツ
  • Tシャツにマジックで線路を描いた、17年5月28日の投稿(写真は河本健氏のツイッターから)
    Tシャツにマジックで線路を描いた、17年5月28日の投稿(写真は河本健氏のツイッターから)

気持ちよく揉んでもらうコツは「声のかけ方」

   2019年3月3日、河本氏が実際にTシャツを着用し、息子にプラレールを走らせている動画をツイッターに投稿すると、瞬く間に「いいね」と「リツイート(RT)」が集まり話題になった。

   開発のきっかけは、「子どもが使っている汽車のおもちゃが、凝った背中に良さそうだ」と思い、白いTシャツの背中にマジックで線路を描いたところ、予想以上に遊んでくれたことだったと取材で明かした。

「初めて思いついてツイートしたのは17年5月28日でした。当時は簡単に絵を描いただけのものでしたが、Tシャツのデザインを(ウェブサイト上に)アップすると印刷・販売してくれるサービスを見つけたので、今回きれいにデザインし直して販売開始しました」

   気になる「揉まれ心地」については、

「最初は力加減が強すぎたり弱すぎたりであまり気持ちよくないのですが、(子どもに)うまく声をかけながら『こし駅とかたみぎ駅を往復する電車をお願いしまーす』などと話しているうちに背中の凝った場所を上手く揉めるようになりました」

   気持ちよくなるために、リクエストの仕方を工夫することがポイントのようだ。さらに「息子は楽しんでいました。私の背中に乗るのが好きなので、それも楽しいようでした」。

線路以外のバージョンはつくるの?

   改めて3月3日に河本氏が投稿したTシャツ紹介ツイートのリプライ欄を見ると、「全身への展開も検討下さい」「道路バージョンがあったら欲しいです」といったリクエストが寄せられている。何か予定はあるのか。

「道路も見た目としては可愛いと思いますが、ミニカー程度だとあまり気持ちよくなかったので少し考える必要があると思います。子どもと一緒に実験しながら考えていきます」

   なお、本品の購入はデザインTシャツ通販「ClubT(クラブティー)」にある販売ページから可能で、価格は税込2700円。背中に走らせるための電車はついてこないので、注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中