2019年 10月 14日 (月)

東日本大震災から8年――「不都合な真実」を明らかに 

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
trend_20190311112323.jpg

   東日本大震災の発生から8年。復興はどこまで進んでいるのか。避難生活をしている人たちは今なお5万人を超え、東京電力福島第一原発事故後の課題も山積している。一方で、風化を危惧する声もある。今回は東日本大震災をテーマに、女性新聞記者の現地レポート、外国人記者による証言集、主婦漫画家の体験記など3点を紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

福島原発近隣地域でなぜ人は消えていくのか

trend_20190311112135.jpg

   『地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」』(著:青木美希 講談社 994円)は、東日本大震災直後から現地へ足を運び、取材を続けている朝日新聞の女性記者の報告だ。

   復興が叫ばれながら福島原発近隣地域でなぜ人は消えていくのか。現実を無視した「帰還」事業、弱者への支援の打ち切りなど問題点を鋭く追及する。「『すまん』――原発事故のため見捨てた命」「声を上げられない東電現地採用者」「捨てられた避難者たち」など7章。「言ってはいけない真実」に迫る。

   著者は北海タイムス、北海道新聞社を経て2010年に朝日新聞に入社し、新聞協会賞を受賞した原発事故検証企画「プロメテウスの罠」や調査報道「手抜き除染」に参加。本書は「貧困ジャーナリズム大賞2018」を受賞した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中