2019年 11月 13日 (水)

伊集院光「薬物依存に苦しむ人へ」 「薬物、守秘、相談」で検索勧める

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「朝から気持ちのいい話じゃないです」――。タレントの伊集院光さんが2019年3月13日、パーソナリティーを務める「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)に出演し、番組冒頭で絞り出すようにこう語りだした。

   言及したのは、コカインを使用したとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたミュージシャンのピエール瀧容疑者についてだ。

  • 伊集院光、薬物依存に苦しむ人へメッセージ
    伊集院光、薬物依存に苦しむ人へメッセージ

「もし今やめようとしている人はきちんとした窓口へ」

   伊集院さんは約30年前、瀧容疑者と出会った。当時を振り返りつつ、昨今俳優としても活躍するようになった瀧容疑者に対して「僕は尊敬や憧れや嫉妬や全部持ってたね」と吐露。続けて伊集院さんは「だから、なんでそんな物が必要なんだ、って」と、やるせない思いをラジオでにじませた。

   また、薬物犯罪という話題については「メディアで伝えるのは難しい」とし、

「大勢の人が聞いているので『大変なんだよ』って話もしなきゃいけないし、いま立ち直ろうとしてる人や立ち直らせようとしてる人もいるから、そういう人を失望させちゃいけない」

と、さまざまな立場に配慮してコメント。さらに薬物依存に苦しむ人に向けて「もし今やめようとしている人は、ネットで『薬物、相談、守秘』で調べると、きちんとした相談の窓口があります。そういうところに相談してみてはどうですか」と提案した。ツイッターには、放送を聞いたと思われるユーザーから、

「薬物で苦しむ人達や瀧さん自身やご家族みんなに配慮があった」
「伊集院氏、親交があった人間として、こういうときに自分の気持ちを真正面から真剣に、曇りなく、嘘なく、逃げずに生放送で伝えることが出来るから凄いんだよ」

と称賛の声が多く寄せられている。

   伊集院さんがラジオで説明した通り、「薬物、相談、守秘」でインターネット検索をかけると、結果一覧には厚生労働省のウェブサイト「薬物乱用防止相談窓口一覧」が出てくる。J-CASTトレンドが一覧を確認したところ、19年3月13日時点で47都道府県に最低2つ以上の窓口があった。また同サイトでは、近くの保健所や地方厚生局麻薬取締部、各都道府県警察署なども、相談窓口として頼ることができると紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!