2019年 4月 24日 (水)

4K相当の高画質 360度・全天球撮影可能なカメラ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   リコーおよびリコーイメージングは、360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ) Z1」を2019年3月下旬に発売する。

  • 4K相当の高画質で全天球撮影が可能なフラッグシップモデル
    4K相当の高画質で全天球撮影が可能なフラッグシップモデル

RAW+JPEG形式での保存が可能

   堅牢性の高いマグネシウム合金製で、厚さ24ミリの薄型ボディーに大型センサー、ゴーストやフレアなどを抑える新型レンズユニットを搭載。約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の4K相当の高画質で、360度・全天球画像が撮影できるという最上位モデル。ISO6400の高感度撮影を実現し、夜間や薄暗い室内での撮影が可能だ。

   画像処理のアルゴリズムを一新し、自動でダイナミックレンジ補正を行うことで"白とび"を抑えられる。そのほか「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)合成」、星の光跡などが記録できる「インターバル合成」、最大19個の設定で連続撮影する「マルチブラケット撮影」など、多彩な撮影モードを装備。

   AndroidベースのOSを採用し、ファームウェア・アップデートによる継続的な機能拡張や性能向上が可能なほか、各種プラグインによる拡張機能の利用にも対応する。

   JPEGに加えRAW+JPEG形式での保存が可能。「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」用プラグインとして、スティッチング(継ぎ目のない接合)が可能な「RICOH THETA Stitcher」を無償で提供する。

   回転3軸による手ブレ補正機能を搭載。「絞り優先」「シャッター優先」「ISO感度優先」「マニュアル」などの露出設定が可能。4チャンネルマイクを内蔵し、水平に加え上下方向という全方位の音声が記録できる。

   0.93型有機ELモニターを搭載し、単体でも電池残量や撮影モード、残り枚数などの情報が一目で確認できる。内蔵ストレージは約19GB。リチウムイオンバッテリーを内蔵する。インターフェイスはUSB Type-C。

   USBケーブル、専用ケースが付属する、カラーはブラック。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中