2020年 12月 6日 (日)

【激アツ!Tリーグ観戦記】13勝無敗の早田ひなが見せた涙のわけ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ヴィクトリーマッチは「冷静に、でも強気で」

   ヴィクトリーマッチは第4マッチ(ダブルス1戦、シングルス3戦)終了時点の両チームの勝敗が2-2になったときのみ行われ、勝利チームを決める。出場選手はそれぞれの監督がその場で発表する。第3マッチで激闘を繰り広げた早田選手と袁選手の名前がコールされると、大歓声が起こった。

   ヴィクトリーマッチは1ゲーム(11ポイント)のみ。試合中は落ち着いた様子に見えた。試合にはフラットな気持ちで入れたという。試合は6-6まで接戦だったが、以降は早田選手がリードを広げた。結果的に11-7で勝利し、チームを優勝へ導いた。

「ヴィクトリーマッチは何も考えずにゼロの状態で試合に臨めました。緊張せずに、冷静に、でも強気で試合に入ることができました」

   試合後は涙をぬぐいながら、袁選手と握手を交わした早田選手。ベンチに戻ると同じく涙を浮かべるチームメイトと抱き合った。一方で、トロフィー授与の際ははじける笑顔を見せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!