2019年 10月 23日 (水)

コーヒー焙煎上級者が「至高の味」目指す パナソニック「The Roast Expert」体験会

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   温度や時間、風量を自由に設定し、コーヒー豆をこだわって焙煎(ばいせん)したい――。自分好みの一杯をとことん追求したい上級者に向け、パナソニックが2018年12月上旬に販売開始した「The Roast Expert(ザ・ロースト エキスパート)サービス」体験会が、19年3月19日に行われた。

   J-CASTトレンドは東京・渋谷にある、カフェやワークスペースなどの複合施設「100BANCH」を訪れ、その模様を取材した。

  • 会場に集まっていた「Japan Coffee Roasting Championship」歴代焙煎チャンピオン(左から)江口崇臣さん、近藤啓さん、後藤直紀さん、仲村良行さん、井田浩司さん
    会場に集まっていた「Japan Coffee Roasting Championship」歴代焙煎チャンピオン(左から)江口崇臣さん、近藤啓さん、後藤直紀さん、仲村良行さん、井田浩司さん
  • 体験会来場者によるカッピングの様子
    体験会来場者によるカッピングの様子
  • コーヒーの生豆を焙煎機上部の穴に入れて焙煎
    コーヒーの生豆を焙煎機上部の穴に入れて焙煎
  • 焙煎が終わると、カップにチャフ(コーヒーの抽出カス)だけが残る
    焙煎が終わると、カップにチャフ(コーヒーの抽出カス)だけが残る
  • スマートコーヒー焙煎機
    スマートコーヒー焙煎機
  • (左から)コーヒーの生豆、焙煎後のコーヒー豆
    (左から)コーヒーの生豆、焙煎後のコーヒー豆
  • The Roast Expert対応の専用アプリ画面
    The Roast Expert対応の専用アプリ画面

焙煎にこだわり、質の高い一杯を追求するプロに好評

   会場に足を一歩踏み入れると、途端に香ばしいコーヒーの香りが漂ってきた。来場者たちが、焙煎時間やコーヒー豆の温度変化などをグラフにした「焙煎プロファイル」を作ってThe Roast Expertの使用感を確かめたり、コーヒーを入れて「カッピング」というテイスティング作業をしたりと、思い思いに体験を楽しんでいたためだ。

   パナソニックは17年6月から、焙煎したてのコーヒーを手軽に自宅で楽しめる「The Roast Basic サービス」を展開している。毎月配達されてくるコーヒー生豆のパッケージにあるQRコードを、iPhoneほか「iOS」を搭載したデバイスで読み込むと、プロの焙煎士が設定した最適な焼き加減データをダウンロードできる。それを活用して、家庭用小型スマートコーヒー焙煎機で豆をローストするのだ。記者も会場で焙煎の様子を目にしたが、生豆を焙煎機上部の穴に入れて10分ほど待っていると、浅煎りのコーヒー豆が簡単にでき上がった。

   The Roast Expertはさらにそこから一歩踏み込み、焙煎知識を持つプロやマニアに向けたサービス内容になっている。iOSデバイスにダウンロードしたThe Roast Expert対応の専用アプリを通じて「1℃」、「1秒」、「1%」という細かな単位で加減を変え、独自の焙煎プロファイルを作れるのだ。実際、会場には熱心にメモを取りつつスマートフォンを操作し、焙煎温度や風量を調節している人が見受けられた。

「昨今、カフェだけでなくコンビニでもおいしいコーヒーが簡単に手に入るようになりました。そうしたなかで、ライバルと差を付けたい、さらに質の高い一杯やオリジナルの味を追求したい、と考えるプロの方に好評です」

   こう語るのは、パナソニック・アプライアンス社でThe Roastプロジェクトの事業リーダーを務める井伊達哉さん。同じコーヒー豆を使っても、焙煎する人が違えば異なるプロファイルができ、また少し温度や時間を変えるだけで、同じ人が焙煎しても違う味わいが生まれる。独自性があり、かつおいしいコーヒーを作るうえで欠かせない「試行錯誤」の作業を助けるのがThe Roast Expertサービスだ。

焙煎世界チャンピオンも支持する「再現性の高さ」

   「何度焙煎しても設計通りに同じ味を再現してくれる」という「再現性の高さ」も、The Roast Expertの魅力だ。井伊さんだけでなく、記者が話を聞いた数人の来場者たちも口を揃えて、この点を挙げた。本焙煎機の開発当初から参画し、The Roast Basicサービスが提供している120種類以上の焙煎プロファイルの作成を手掛けた「焙煎世界チャンピオン」後藤直紀氏も、記者に対して以下のように語った。

「通常の焙煎窯だと、焙煎を繰り返す際に余熱を加味して調整しなければなりません。気候の影響も受けてしまいます。しかしThe Roast Expert対応機は環境に結果が左右されません。そのためうまく使いこなせば、より効率良く味作りや細かな修正をすることができます。設計に対し、味がきちんとついてくる精度の高さが魅力です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!