2019年 5月 22日 (水)

子どもたち みんなが発明家「発明アイディア ワークショップ」開催校を全国から募集中

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   カシオ創業者の1人で発明家 樫尾俊雄氏の発明の志を伝えている樫尾俊雄発明記念館が「発明アイディア ワークショップ」の開催校を募集している。

  • 「発明アイディア ワークショップ」に参加する小学生たち
    「発明アイディア ワークショップ」に参加する小学生たち
  • 参加した小学生が知恵を絞った「発明」アイディア作品
    参加した小学生が知恵を絞った「発明」アイディア作品
  • 自由な発想が「発明」につながる! 小学生のアイディア作品
    自由な発想が「発明」につながる! 小学生のアイディア作品

創業者の1人、樫尾俊雄氏の「記念館」が運営

   同企画は、「樫尾俊雄発明記念館」によるもの。世界初の小型純電気式計算機「14-A」など、数多くの製品を生み出した発明家・樫尾俊雄氏の志を後世に伝え、発明による社会貢献の喜びを体験してもらおう...という企画だ。

   この「発明アイディア ワークショップ」は、今年で3年目。「G-SHOCK」の開発に携わっている社員が講師として小学校に赴き、一緒に発明を体験できるワークショップだ。日常生活の小さな「気づき」から、発明に至るプロセスを楽しみながら学べる。そして誰かの役に立つ「世界にひとつのオリジナル時計」アイディアを考える、というものだ。2017年、18年の2年間では、北海道から沖縄まで、全国で768人の小学生が参加した。

   樫尾俊雄発明記念館では、未来の発明家を目指すきっかけとして、小学校、及び、その他の教育関係からの応募を募っている。概要は下記の通り。

・募集=小学校のクラス、クラブ、グループ、もしくは団体(最低15人以上が目安)

・応募期間=2019年3月20日~11月30日 ※実施期間は2020年2月末までを予定

・応募資格=全国の小学校教員、教育委員会、PTA、科学クラブやグループの責任者

※実施時は教室やセミナールーム、実験室等を使用できることが必須条件。使用道具は事務局が用意、時間は休憩を含む約90分

・応募方法=(1) 行いたい理由と実施希望日をホームページにある応募用紙(PDF)をダウンロードして記入し郵送で応募

(2)ホームページ上の応募フォーム(セキュアサイト)から応募

※どちらかを選んで応募

・必要事項=学校名、学年、学校住所、担当責任者、電話番号、実施希望時日(日曜・祝日を除く)、連絡希望時間帯を記入

・応募先=〒106-8791 麻布郵便局留「発明アイディア ワークショップ」希望係、もしくは「発明アイディア ワークショップ」 HPの応募フォームから応募

・発表=希望校が多い場合は、抽選により決定し連絡。

※学校側の費用負担はなし。事務局がスタッフ及び道具を用意し、会場のみの用意をお願いする

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中