2019年 11月 21日 (木)

「実家暮らし」と「ひとり暮らし」の恋愛事情を比較 「恋人がいる」と回答した人が多いのは...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   エイブルホールディングスが運営する、ひとり暮らし女性のライフスタイルをサポートする「MAISON ABLE(メゾンエイブル)」は、「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の恋愛事情」についてアンケート調査を実施し、2019年3月19日に結果を公表した。

   この調査から、「実家暮らし」か「ひとり暮らし」かによって、恋人の有無や美容費・ファッション費などに差は出るのか、実態が浮き彫りになった。

  • 「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の恋愛事情」調査
    「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の恋愛事情」調査
  • 現在恋人はいますか?
    現在恋人はいますか?
  • 恋人と過ごす場所で多いのは?
    恋人と過ごす場所で多いのは?
  • 毎月の美容費・ファッション費・交際費について(ひとり暮らし女性)
    毎月の美容費・ファッション費・交際費について(ひとり暮らし女性)
  • 毎月の美容費・ファッション費・交際費について(実家暮らし女性)
    毎月の美容費・ファッション費・交際費について(実家暮らし女性)

ひとり暮らしの方が「恋愛に有効」と分析

   調査は10~20代女性914人(実家暮らし507人、ひとり暮らし407人)を対象に行った。

   まず、現在恋人がいるかどうかを調べたところ「いる」は「ひとり暮らし」で46%、「実家暮らし」は34%と、1割以上の差がつく結果に。続いて「現在恋人がいる」と答えた430人を対象に「恋人と過ごす場所で多いのは?」と質問したところ、1位は「ひとり暮らしの自分の家(39%)」、2位は「ひとり暮らしの彼の家(28%)」となった。合計すると半数以上が、自分か相手の「ひとり暮らしの家」で過ごしている。結果を受け、エイブルでは以下のように分析している。

「ひとり暮らし女性の方が、恋人と過ごす際にも自宅に招くことが可能であったり、招いた自宅で手料理を振る舞ったり、また、実家特有の『門限』などもなく、恋愛に有効なのかもしれない」

   一方、「彼の家(実家)」は12%、「自分の家(実家)」は6%と、「実家」は低い割合留まっており、実家で恋人と過ごす人は少ないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!