2019年 9月 18日 (水)

【センバツ】春日部共栄を圧倒した高松商バッテリー!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
trend_20190323195627.jpg

   四国王者の高松商と昨秋、関東大会準優勝の春日部共栄との一戦。高松商が大勝した試合となったが、高松商のエース・香川 卓摩と捕手・新居 龍聖のバッテリーが殊勲者となった。

trend_20190323195654.jpg

   香川はこれまでの試合の中でも抜群の出来といっていい試合だった。ストレートのスピードは常時135キロ~138キロを計測。指先にしっかりと力が伝わった投球フォームなので、回転数が高く、思わず差し込むほどの切れがある。

   さらに変化球の精度も素晴らしかった。遅めのカウントを取る110キロ台のスライダー、120キロ前後のスライダー、110キロ前後のチェンジアップ、右打者の外側に決まる120キロ台のスクリューもある。

   春日部共栄の選手たちは変化球の見極めがどれだけできるかをキーポイントに置いていたが、香川の変化球の精度は予想以上だった。

   まず1番黒川 渓にスクリューで空振り三振。このスクリューは昨秋の公式戦が終わった後に習得しはじめた球種だという。試しながら投げていくうちに、ついに公式戦で使えるまでにいたった。新居はスクリューで三振を奪えたことにリードに手ごたえを感じていた。

   「相手はストレートに対して強振しているのが伝わってきましたし、スクリューを使うことで、幅広く変化球を使うことができました。変化球が良かったのでストレートもいきました」 また新居はリードだけではなく、打撃、スローイングでも香川を盛り立てる。 3回裏、先頭打者として打席に立った新居は外側の変化球を捉え、右前適時打。その後、2番大塚 慶汰の適時打で先制のホームを踏む。さらにクリーンヒットを重ね、4安打。春日部共栄のエース・村田 賢一の速球、変化球をしっかりと見切ることができていた。冬場は自主練習で、ティーバッティングではボール籠を何箱も納得いくまで打った。

   「冬場に振り込みを重ねていった結果、スイングが速くなり、ボールの見極めに余裕が持てるようになったことが大きいと思います」と振り返った。

   そして2つの盗塁刺殺、一塁けん制の刺殺については「自分は今まで刺せない選手だったのですが、驚いています」と振り返ったが、これも冬場に握り替えを早くしたり、コンパクトなフォームでスローイングに矯正した成果が発揮できたといっていいだろう。

   この試合はエース・香川の2点適時打などもあり、集中打で8得点を奪い、香川は13奪三振完封勝利。新居も「今日は狙い通り投げることができていたと思います」とエースをたたえ、春日部共栄の植竹幸一監督も「今日の香川君は内外角にきっちりと投げ分けができていてさすがでした」と脱帽するほかなかった。 それでも香川は「まだばらつきがある」と反省を忘れなかった。次の試合も香川―新居の強力バッテリーが見離せない。

   (文=河嶋 宗一)

高校野球ドットコムは頑張っている球児を応援する、高校野球報道サイト。
編集長は安田未由。
地区予選から全国大会の観戦レポートや野球部訪問、高校球児やプロ野球選手のインタビューに至るまで、幅広く掲載。
昨年からは、中学野球にスポットを当てた、ネクスト球児企画も開始。次世代の甲子園のスター発掘にも力を入れている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中