2019年 9月 24日 (火)

【センバツ】 札幌大谷が守り合いを制し、初出場初勝利!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
trend_20190324210056.jpg

   神宮大会王者の札幌大谷と16人ながら中国大会準優勝の米子東との一戦は引き締まった好試合となった。

trend_20190324210209.jpg

   1番北本 壮一朗がいきなりレフトへ本塁打を放ち、先制点を挙げる。しかし米子東は3番森下 祐樹の内野ゴロの間に同点に追いついた。

   だが3回裏、一死一、三塁から3番飯田 柊哉の三塁ゴロ、4番・石鳥 亮の適時三塁打、5番・西原 健太の適時打で4対1と大きな追加点を挙げた。

   ここからの守りあい。お互い各打者の打球を想定して、独自の守備シフトを取った。特にネット裏から見ると、後ろ目に守ったり、引っ張り傾向が強い右打者に対しては二塁手が一、二塁間をあけて、二塁ベースの裏を守ったりとそれぞれ工夫していて、現場で見ないと分からない面白さがある。

   米子東の長尾 駿弥捕手、山内 陽太郎中堅手によるとかなり研究していたという。「狙い通りの打球が飛んでいてうまくいったと思います」とリードする長尾は手ごたえを感じていた。

   一方、札幌大谷の左翼手・中川 征典も「かなり調べました」と米子東を研究し、守備位置を工夫した。ただ「あまり飛ばなかったですね(笑)太田のピッチングは相変わらずテンポが速くて素晴らしかったです」

   中川の言葉通り、右サイドスロー・太田 流星のピッチングは絶妙だった。120キロ前半の速球、スライダー、シンカーを操り、米子東の長尾は「テンポは速いですし、きれいなストレートがほとんどなく、手元で微妙に曲がるので打てなかったです」と米子東打線を被安打4、1失点完投勝利を挙げ、初出場初勝利に貢献した。太田は「内野ゴロを多く打たせて取ることができてよかったです」と11個の内野ゴロを打たせ、持ち味を存分に発揮とした。

    結果としては4対1で札幌大谷が制したが、お互いが粘り強い守備、試合運びを見せ、引き締まった好ゲームだった。

高校野球ドットコムは頑張っている球児を応援する、高校野球報道サイト。
編集長は安田未由。
地区予選から全国大会の観戦レポートや野球部訪問、高校球児やプロ野球選手のインタビューに至るまで、幅広く掲載。
昨年からは、中学野球にスポットを当てた、ネクスト球児企画も開始。次世代の甲子園のスター発掘にも力を入れている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中