2019年 5月 23日 (木)

【センバツ】2週間前のどん底だった啓新が甲子園では笑顔で躍動!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
trend_20190327191008.jpg

1回戦 啓新VS桐蔭学園

   初出場の啓新vs16年ぶり出場の桐蔭学園との対決。打力に課題を抱えていた啓新だが、桐蔭学園の技巧派左腕・伊禮海斗の攻略に成功した。

trend_20190327191030.jpg

   一死二塁から3番穴水芳喜がライトへ三塁打を放ち、1点を先制。4番竹原翔の左前適時打で2点目。さらに2回表、9番安積航大が適時打を放ち、3点目を入れる。

   しかし2回裏、エース安積が2失点をしたが、3番森敬斗を迎えた。森を三振に抑え、捕手・穴水は思わずガッツポーズ。ここから安積のペースを取り戻していく。

   左腕のグラブを高々と掲げていきながら、テークバックをコンパクトにとってリリースに入っていく。常時135キロ~138キロのストレートは角度があり、勢いを感じる。夏には常時140キロ前半は期待できるポテンシャルはあるだろう。さらに120キロ前半のスライダー、110キロ台のカーブを織り交ぜながら投球を組み立てていく。

   追加点を入れたい啓新は6回表、一死二塁で7番古川剛がレフトへ二塁打を放ち、4点目。7回裏に桐蔭学園3番森の内野安打で1点を失ったが安積は後続を抑える。

   8回裏から啓新は右サイド・浦松巧が登板。三塁側のプレートに立つ。意図としては右打者から背中越し、左打者からは外へ逃げるシンカーをより遠く見えるために投げているという。口ぶりから見ても自信たっぷりだが、投球も自信たっぷり。常時135キロ前後のストレートと切れ味鋭いスライダーで桐蔭学園を翻弄する。また9回表、浜中陽秀の中前適時打を放ち、5対3と点差を広げた。

   浦松はぴしゃりと抑え、啓新が初勝利を収めた。啓新の選手たちは表情を見ていても楽しさが伝わってきたが、大会1週間前ほどはどん底の状態だった。3月9日~11日まで行われた「センバツ出場チーム・北信越代表大会直前合宿」では1勝3敗に終わり、「どん底でしたし、監督からは呆れている感じでした」と一塁の浜中は振り返る。そこから選手たちでミーティングを行い、ともに助け合い、ともに褒め、盛り上げるように努めた。

「僕らは無い無い尽くしのチームですから、チームの雰囲気とか、チームプレーとかそういうのを見直しました」(浜中)

   甲子園入りすると、雰囲気が良くなったと感じた啓新ナインたち。初戦を終えて、二塁手の幸鉢悠樹は「今のムードは最高です」と笑う。

   大会前まで苦しい期間を送った啓新だが、それを乗り越えたことが大きな力となり、初出場ながら堂々とした戦いぶりを見せた。さすが優勝候補・星稜相手に延長15回再試合を演じた底力は伊達ではなかった。

高校野球ドットコムは頑張っている球児を応援する、高校野球報道サイト。
編集長は安田未由。
地区予選から全国大会の観戦レポートや野球部訪問、高校球児やプロ野球選手のインタビューに至るまで、幅広く掲載。
昨年からは、中学野球にスポットを当てた、ネクスト球児企画も開始。次世代の甲子園のスター発掘にも力を入れている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中