2019年 10月 23日 (水)

【センバツ】高松商を下した市立和歌山がベスト8一番乗り!

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
trend_20190328162146.jpg

2回戦 市立和歌山VS高松商

   3月28日、第91回高校野球選抜大会(以下、春の選抜)6日目の第2試合は市立和歌山高校(和歌山)対高松商高校(香川)だった。

trend_20190328164155.jpg

   初回から試合は動く。1回表を無失点に切り抜けた市立和歌山高校は2死無走者から打席に入った緒方隆之介が、カウント2ボール1ストライクからの4球目をフルスイング。打球は左中間スタンドの深いところに飛び込む本塁打となった。思わず緒方はガッツポーズ。会心の一振りで市立和歌山高校が1点を先制する。

   続く2回、市立和歌山高校は2死一、二塁から1回戦では出番のなかった壱岐有翔が中堅の頭を大きく超える2点適時二塁打を放ち、3対0とリードを広げることに成功する。

   さらに4回、市立和歌山高校は1死満塁のチャンスで再び壱岐に打順がまわる。この打席の間にバッテリーエラーがあり2点を追加。なおも1死三塁で打席の壱岐は投手の横を抜ける適時打を放ち6対0。壱岐はこの試合3打点とスタメン起用に応える大活躍となった。

   一方の高松商高校は4回まで市立和歌山高校先発の柏山崇に無安打に抑えられ、チャンスを作ることができなかった。しかし5回、先頭の上田蓮が安打で出塁すると、篠原一球は外角の球をうまくさばき左前へしぶといあたり。連打で無死一、二塁とチャンスを拡大。柏山から得点を奪うチャンスだった。しかし、後続が倒れ無得点。とは言え、攻略の糸口を掴めたかのような攻撃だった。

   6回、高松商高校は連続四球で無死一、二塁のチャンスを作ると、1死後に浅野怜が安打で続き1死満塁。ここで先程初安打を放った上田が、詰まりながらも右前に落とす2点適時打。反撃を開始する。市立和歌山高校はこのタイミングで柏山を諦め、エースの岩本真之介を投入。その岩本は1死一、二塁のピンチをわずか2球。6-4-3の併殺打で切り抜ける。1回戦で呉高校相手に延長11回2失点、2安打に抑え込んだその実力を2回戦でもいきなり見せた。

   岩本は7回を無失点で切り抜ける。8回、9回はともに1死一、二塁のピンチを招くが、得点を許さない。市立和歌山高校が6対2で高松商高校に勝利した。市立和歌山高校はベスト8進出1番乗りとなっている。

   この試合、高松商高校が7安打、市立和歌山高校が8安打と大きく変わらない。四球の数は高松商高校が5個、市立和歌山高校が2個。敗れた高松商高校のほうが多くの走者を出していた。失策数もともに2個ずつ。これらの数字だけを見ると、高松商高校が勝利してもおかしくない内容であったことがわかる。

   しかし、結果は違った。大事なところでのバッテリーエラーが響いてしまった。そして長打の数が差を分けた。高松商高校は長打が0。一方、市立和歌山高校は本塁打を含め3本の長打。そのうち2本が得点に結びついている。

   スコアボードに現れる安打や失策は、ほぼ同じでも結果が大きく変わる。そんな試合だった。

高校野球ドットコムは頑張っている球児を応援する、高校野球報道サイト。
編集長は安田未由。
地区予選から全国大会の観戦レポートや野球部訪問、高校球児やプロ野球選手のインタビューに至るまで、幅広く掲載。
昨年からは、中学野球にスポットを当てた、ネクスト球児企画も開始。次世代の甲子園のスター発掘にも力を入れている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!