2019年 5月 23日 (木)

【センバツ】主役・脇役の活躍が光った明石商 投手の人材豊富に注目

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
trend_20190326192845.jpg

2回戦 明石商VS大分

   この試合の明石商は主役・脇役の面々が活躍した試合となった。まず1対1の同点のまま迎えた2回表、明石商は5番に登った守備の人・岡田光が勝ち越し本塁打。この本塁打で勢いに乗った明石商は2年生スラッガーの1番来田涼斗がライトへ適時三塁打を放ち、2点を追加。さらに3番重宮涼の適時打で5対1と点差を広げた。

trend_20190330181058.jpg

   さらに4回表には2回途中からマウンドに登った中森俊介の本塁打や重宮の適時打で7対1と点差を広げる。

   重宮はようやく甲子園で持ち味を発揮。181センチ82キロの大型三塁手だが、広角に強い打球を打てるのが強み。初戦は無安打に終わったが、的確にボールをコンタクトして、強い打球を打ち返すことができる。ポイントゲッターとなる重宮にあたりが出始めたのは大きいだろう。

   ライト方向へ強い打球を打てたのは狭間監督の指導が大きい。狭間監督から腰の開きが早くなり、さらに右肩が上がり、乱れた打撃フォームを指摘された重宮は軸足でしっかりと体重をためて、ぎりぎりまで腰を開かず、ボールをぶつけるスイングに改良。その結果、ライト方向へ強い打球を打てるようになった。

   ライトへ強い打球を打つ快感は高校に入って目覚めた。大久保中時代は引っ張り傾向にあったが、きめ細かい「メイショウ野球」に触れていくうちに右打ちに目覚める。ライト方向へ本塁打を放つまでに成長した。

   また4番・安藤碧に当たりが出たことも大きい。181センチ77キロと恵まれた体格を持ち、ヘッドスピードが速い鋭いスイングを見せる安藤だが、コンタクトした時の打球は非常に速い。7回表に三塁打が飛び出し、自慢の快速を披露。安藤はさらにライトからの返球も強く、肩の強さには自信を持っている。

   湊クラブ(ヤングリーグ)時代は投手として活躍したが、狭間監督に打力の高さを評価され、外野手へ転向した。本人は「ミートを心がけすぎたところがあり、当てに行くスイングとなっていた。だからあの打席では思い切りスイングすることを心がけた結果、強い打球を打てたと思います」と振り返る。なかなかいないアスリート型外野手なだけに、打撃面の確実性を高めることを期待したい。

   中森は1回戦に続き素晴らしいピッチングだった。ワインドアップから始動し、流れるような体重移動から繰り出すストレートは常時138キロ~143キロを計測し、内外角へ強いボールが投げられるのが強みで、ストレートも変化球も決め球になる精度の高さがある。120キロ台のスライダー、130キロ台のスプリット、カットといずれも低めに集めることができており、強打の大分打線をリズムよく打ち取っていった。

   中森は「大分打線はローボールヒッターが多かったので、高めの真っすぐ を軸に低めに変化球を投げることを心がけた」と相手打者の傾向をつかんだピッチングも光り、5.2回を投げて7奪三振、無失点の快投。2試合を投げて、14.2回を投げてわずか1失点。抜群の安定感を示している。

   ただ中森自身、今日の出来が最高ではなく、上半身、下半身の動きが連動すれば、さらに速いストレートを投げられると期待を決めているようだ。

   その後、明石商は13安打13得点の猛攻。明石商は中森と中指の違和感で思うような投球ができず、途中降板した宮口大輝以外にも面白い投手がいた。

   8回途中から登板した左サイドの杉戸理斗は125キロ前後のストレートとスライダーを投げ分ける左腕。入学当初は左のオーバースローだったが、腰の横回転気味だったことを指摘され、2年秋に左サイドに転向。「ここまでうまくいっている」と手ごたえをつかんでいる。

   9回二死から181センチの本格派右腕・南瑛斗が登板。しかし2四死球を出し、最後の打者を遊飛に打ち取り、ベスト8進出を決めた。最速135キロを出し、120キロ前後のチェンジアップを投げ込み、素質の高さを示した南だが、実は中学3年生で、最速140キロを計測している。

   高い期待をされた明石商の門をたたいたが、ただ入学直後、腰の疲労骨折で2か月間プレーできず、投げ方を忘れ、一時は120キロ台まで落ちた。しかしじっくりとフォームを固めていきながら、この春の練習試合で139キロを計測するまでとなった。この甲子園の経験をプラスに変えることができるか。

   大差になったことで実現した投手リレーだが、改めて明石商の人材の豊富さを実感する試合となった。

高校野球ドットコムは頑張っている球児を応援する、高校野球報道サイト。
編集長は安田未由。
地区予選から全国大会の観戦レポートや野球部訪問、高校球児やプロ野球選手のインタビューに至るまで、幅広く掲載。
昨年からは、中学野球にスポットを当てた、ネクスト球児企画も開始。次世代の甲子園のスター発掘にも力を入れている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中