2019年 4月 23日 (火)

唯一無二のバットマン スーパースター・イチローの軌跡

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!
trend_20190401112327.jpg

   長年大リーガーとして活躍してきたイチローが、2019年3月21日、東京ドームのMLB開幕戦を最後に、現役引退を発表した。1992年にオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)に入団以来、28年にわたるプロ生活にピリオドを打ったわけだが、退団会見は多くの名言が飛び出し、終始温かい雰囲気に包まれていた。彼が今後どのような活動をしていくのかに注目が集まっている。今回は多くの記録を打ち立て、唯一無二の活躍を見せたイチローを追う3冊をご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

100時間を超えるインタビューですべてを語り尽くす

trend_20190401112522.jpg

   『イチロー・インタヴューズ』(著者:石田雄太 文藝春秋 1296円)では、日本球界からメジャーへの挑戦が決まった2000年秋から2010年シーズン直前までの100時間を超えるインタビューを収録。シアトル・マリナーズでのデビュー試合にはじまり、初めての首位打者のタイトルの獲得、リーグMVP、メジャー記録のシーズン262安打、自らのバットで決めたWBCでの連覇といった輝かしい軌跡はもちろん、不調にあえぐ苦悩、弓子夫人の献身、日の丸への強い想いを語る。

   「飛翔―2000~2002(どうせなら、ユニフォームのカッコいいところがいいな/向こうに行くことが夢じゃないですから ほか)」、「試練―2003~2005(一番苦しいと感じるのは、できるのにできないということ/え、トップって、何が? ほか)」、「栄光―2006~2007(獲りにいって獲った世界一ですから/日本のこと、大好きです ほか)」、「結実―2008~2010(去年の涙は、悔しさがすべてではない/おっと、松坂選手、言うようになったね ほか)」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中