2019年 12月 6日 (金)

もっと仲良くなれる 酒井順子さんから男性たちへ「最後のラブコール」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

当コラムは「40対20」

   ジェンダーに関わるテーマは、なにをどう書いても、尖った反応がありうる。新聞コラムからツイッターまで、持論を展開するなら脇を締め、覚悟を決めるべし。

   酒井さんの文章には、しかし、そんな緊張感は見当たらない。おじさん読者への配慮はあっても、妙に媚びることなく、女性の思いを男の耳が受け止められる「音域」で易しく、優しくつづっている。フェミニズムの側からは物足りないだろうが、いい案配だと思う。アウェイに近い男性誌での連載が15年、705回も続いたのは「たまたま」ではありえない。そこには、絶妙なバランス感覚があったはずだ。

   私は、社会的なチャンスは男女平等にせよという立場である。男女の機会がこれだけ不均衡な日本においては、クオータ制などを課しても、女性の社会参加を早急に高めるべきだと考える。酒井さんは同じ期待を、より柔らかく「男女はもっと仲良くなれる」と表現したのではないだろうか。

   「コラム遊牧民」はこれが60回目。採り上げた雑誌コラムの筆者をカウントしたところ、男性40に対し女性が20だった。3分の1という女性比率は、国会議員の割合でいえば先進国中位といったところか。ちなみに日本(衆参両院)は14%弱である。

   平成から令和に変わるのを機に、当コラムの人選も半々を目ざす...と言いたいところだが、性別に関係なく、これまで通り面白さと私の都合で選ばせていただく。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!