2019年 4月 24日 (水)

可動式モニター搭載の世界最小・最軽量 コンパクトデジカメ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット RX0 II DSC-RX0M2」を2019年4月12日に発売。

  • コンパクトな堅牢ボディ、シーンを選ばず自由な撮影を実現
    コンパクトな堅牢ボディ、シーンを選ばず自由な撮影を実現

4K動画を本体内に記録可能

   約59.0(幅)×40.5(高さ)×35.0(奥行)ミリ、重さ約132グラムのコンパクトボディーに、有効約1530万画素、1.0型の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS(エクスモア・アールエス)」を搭載。高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジの撮影を実現した。

   180度チルト可動式液晶モニターを備え、様々な撮影スタイルに対応する。1.0型イメージセンサーおよび可動式モニター搭載モデルとしては世界最小・最軽量とのことだ。

   水深10メートルの防水や2.0メートルの耐落下性、200kgfの耐荷重などの堅牢性を備える。液晶モニターの可動時にも防水・防塵性能を発揮でき、雨天や水中、砂埃の多い環境、狭小な場所やカメラに衝撃が加わるなど、あらゆるシーンでより自由な撮影が可能だ。

   4K(3840×2160ピクセル)動画の本体内記録が可能なほか、モバイル機器への転送にも対応し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などへの共有もスムーズに行える。動画撮影時の電子手ブレ補正も新たに対応した。

   最大100台の複数のカメラを組み合わせた多視点撮影、タイムラプス動画が生成できる本体内インターバル撮影、静止画にスローモーションを含んだ動画を組み合わせられるなど、多彩な映像表現が可能だ。

   市場想定価格は8万5000円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中