2019年 6月 21日 (金)

ラーメンに入った「オオグソクムシ」 覚悟して口に入れ、噛んでみると...

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「食べ物をいつくしむことの大切さを伝えたかった」

   小川原さんによると、オオグソクムシラーメンの販売を開始した背景には「食材を丸ごと一匹食べてほしい」という思いがあった。2016年から「オオグソクムシの丸揚げ」を提供していたが、エグみの強い内臓部分は料理としての使い道がなく、捨てざるを得なかったという。

   どうにかしてオオグソクムシを余すことなく調理できないか。思い立ったのが、オオグソクムシの殻と身でラーメンの出汁を取り、内臓を味噌として活用することだった。

   小川原さんは、「普通のラーメンだって動物の骨を使って出汁を取っている。グソクムシを丸ごと一匹使うことで、食べ物をいつくしむことの大切さを伝えたかった」と語る。

   4月15日に販売を開始したオオグソクムシラーメンだが、実は記者が4月17日夜に注文した1杯が初めての提供だったという。小川原さんは「グソクムシを見て"ゲテモノ"と思うのは不思議じゃないし、"こんなもの食べられるか!"と思うのは普通だと思う。だけど、実際に食べたら"おいしい"んです。これからぜひ食べに来てほしい」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中