2019年 10月 15日 (火)

川越・屋上遊園地閉園 「デパートの観覧車」に復活の日は来るか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ゲームセンターなどを運営するバンダイナムコアミューズメント(東京都港区)は埼玉・川越市の「丸広百貨店 川越店」屋上で運営する遊園地「丸広百貨店わんぱくランド」を2019年9月1日に閉園すると発表した。

   全国的にわずかしかない「屋上観覧車」がある遊園地の閉園に、ツイッター上では悲しみの声があふれた。一方で、過去には一度閉鎖された屋上観覧車が、強い要望により「復活」を果たしたケースもある。

  • 懐かしの屋上遊園地が消える
    懐かしの屋上遊園地が消える
  • 懐かしの屋上遊園地が消える
    懐かしの屋上遊園地が消える

「無くなる前にまた行こう」再訪を決意する人も

   1968年に丸広百貨店の屋上で開園した「わんぱくランド」は、てんとう虫型のモノレールや飛行機など複数の大型遊具を備える屋上遊園地として半世紀以上営業をしてきた。シンボルの観覧車は開園以来、城をモチーフにしたデザインだったが、1992年からは花をデザインした「わんぱくホイール」に代わり、現在も運転を続けている。

   ニュースリリースによると、施設閉園の理由は「建物の耐震工事に伴うスペース確保のため」。バンダイナムコアミューズメントの担当者はJ-CASTトレンドの取材に、「施設の採算性には問題がなかった」と答えた。

   4月24日には地元紙の埼玉新聞をはじめ、多くのメディアが施設の閉鎖を報じた。一連の報道を受け、ツイッター上では「小さい頃よく利用してたのに」、「思い出の場所が無くなるのは寂しい」など悲しみの声が聞かれたほか、「閉店までに行かなきゃ」、「無くなる前にまた行こう」と決意をつぶやいたユーザーもいた。

「かまたえん」では観覧車が再開した実績

   取材に応じたバンダイナムコアミューズメントの担当者によると、全国で小型の観覧車が稼働する屋上遊園地は、川越・わんぱくランドを含めて2か所しかないという。もう1か所は東京・大田区の商業施設「東急プラザ蒲田」の屋上にある「かまたえん」。東急プラザの公式サイトによると、かまたえんの屋上観覧車は「わんぱくランド」の観覧車と同じ1968年の誕生で、現在は3代目だ。

   観覧車は2014年3月に商業施設の改装にともない一度は閉鎖に追い込まれたが、地域住民の強い要望を受けて同年10月に復活。以来、現在に至るまで営業を続けている。

   そう、屋上観覧車には復活の前例があるのだ。川越・わんぱくランドの観覧車の将来的な復活の可能性について質問すると、担当者は「現時点では(閉鎖後の復活は)検討していない」としながらも、

「もしそういった(復活を望む)声があれば、丸広(百貨店)側と協議する可能性はある」

と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中