2019年 6月 18日 (火)

人気急降下したモーツァルトは必死だった 「ピアノ協奏曲 第26番『戴冠式』」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本は、いよいよ天皇譲位と新天皇即位という儀式が迫り、平成の時代から令和の時代に切り替わります。日本にとって、大きな一つの時代の節目であり、宮中の行事から、一般の我々の年号切り替えの作業まで、いろいろなことがあるわけですが、クラシック音楽の古典派の時代、欧州には、まだまだ皇帝や王や貴族がたくさんおりました。そして、そういった王侯貴族関連の行事は、当時の音楽家にとって、重要な仕事の機会を与えてくれたのです。

   今日は、「戴冠式」のニックネームを持つ、モーツァルトの曲を取り上げましょう。モーツァルトの最後から2番目のピアノ協奏曲「第26番 ニ長調 K.537」です。

  • 数多く残っているモーツァルトの自筆譜からはいろいろなことが推測できる
    数多く残っているモーツァルトの自筆譜からはいろいろなことが推測できる

自費でフランクフルトに乗り込んだ

   この曲が「戴冠式」と呼ばれるようになったのは、1790年、母、マリア・テレジアとハプルブルグ帝国を共同統治したヨーゼフ2世がなくなり、彼に嗣子がいなかったために、帝位を継承することになった弟レオポルド2世が皇帝として戴冠する・・・その場合はウィーンからフランクフルトに赴くのですが、そのフランクフルトの「戴冠式フィーバー」のブームにのって、演奏会が開かれ、モーツァルトはそこでこの曲を演奏した、と言われているからです。

   実際に、その「戴冠式」に正式に宮廷から依頼があって招待された音楽家は、宮廷楽長のアントニオ・サリエリ(映画「アマデウス」でモーツァルトを毒殺する黒幕の犯人として描かれていますが、現在では事実無根とほぼ断定されています)のみで、「ヒラ」の宮廷音楽家だったモーツァルトは、招待されていませんでした。現在でもオーストリアのウィーンからドイツのフランクフルト・アム・マインに行くとなると結構な距離ですから、当時ではかなりな「大旅行」だったはずですが、モーツァルトはなんとその旅費を自腹で負担し、フランクフルトに乗り込むのです。

   ちなみに、この時サリエリは招待されているのに、モーツァルトは招待されていないので、「サリエリの嫉妬による妨害工作で、モーツァルトは呼ばれなかったのだ」と邪推され、上記の毒殺説などが出てくる原因となっていますが、これは純粋に地位だけの違いで、サリエリはモーツァルトの作曲の腕を買っていたらしく、彼はフランクフルトでモーツァルトの「戴冠式ミサ K.317」を取り上げて演奏していますから、モーツァルト本人は純粋に「呼ばれなかっただけ」のようです。

   それでも大枚をはたいて、フランクフルトに乗り込んだのは、切迫した事情があったからです。故郷ザルツブルグの大司教に離反する形でウィーンに出て、あまり収入の伴わない宮廷作曲家の地位は得たものの、実際はフリーの作曲家として、レッスンをしたり、オペラを書いたり、室内楽作品を書いて「予約演奏会」という形式で発表したり、ということをして生活していたモーツァルトでしたが、1787年、すなわちモーツァルトが31歳のあたりから、なぜかウィーンでの人気が急降下していたのです。現代では、彼の代表作オペラとして愛されている「フィガロの結婚」も、帝国内の別の都市、現在はチェコの首都プラハでは爆発的なヒットとなり、モーツァルト自身も熱狂的に迎えられましたが、なぜか帝都ウィーンでの観客の反応はいまいち、上演回数も次第に少なくなり、ついには全く演奏されなくなります。帝国内の「田舎町」プラハでの成功は満足できなかった、ということと、一番の大金をもたらしてくれる「首都ウィーンでのオペラの大ヒット」を夢見るモーツァルトは、この辺りから、経済的苦境も伴って、必死になります。・・・そんな背景もあって、1790年のモーツァルトは「自腹で旅費を工面してでも」フランクフルトに出かける必要があったのです。

ピアノソロの楽譜が未完成に近いのは......

   戴冠式景気の中、モーツァルトはフランクフルトで、ソリストとして、別の自作のピアノ協奏曲とともに演奏したと伝えられていますが、実は、「戴冠式」の初演は、この時ではないのです。

   戴冠式に先立つこと1年前の1789年、モーツァルトはリヒノフスキー侯爵という人のお供として、やはり旅費を借金で工面して、プラハ、ドレスデン、ライプツィヒ、そしてベルリン宮廷の離宮であるポツダムをめぐる旅にでています。もちろん自作を売り込む旅で、旅の途中、ドレスデンのザクセン選帝侯の宮廷で演奏会の機会が与えられ、そこで自らのピアノで演奏したのが初演だといわれています。

   自作目録にはいつこの曲が完成したかは記されていないのですが、楽譜からいろいろ推理できるのです。この協奏曲のオーケストラ部分には、管楽器と打楽器のティンパニのパートがアドリブで、と書かれており、つまりは省くことも可能なように作曲されているのです。また、いくつかのピアノパートの左手のパッセージが最小限の音しか書き込まれていません。オーケストラの楽器を省けるようにとしたのは、大規模な宮廷楽団でなくても、室内楽的に伴奏できるように配慮したからであり、一方、ピアノソロの楽譜が未完成に近いのは、そのピアノパートは必ずモーツァルト自身が弾くことを想定していて、他人が弾けるように、楽譜として完成させなければならない必要性を考えていなかったからだと考えられます。

   モーツァルトは、たとえ弦楽器だけの小規模な編成の楽団しかないような宮廷でも演奏可能とし、かつ、ピアノパートは自分で必ず弾くことを考えていた、というのは、とりもなおさず彼自身が、この曲で自分の作品、ひいては自分を積極的に「売り込む」ことを想定していた証拠にほかなりません。つまりそれだけ、彼は切羽詰まっていたのです。

   しかし、この曲はそんな彼のプライベートはみじんも感じさせない、明るくて、壮麗な曲に仕上がっています。まさに祝祭にふさわしい華やかさをもった第1楽章などは、モーツァルトの円熟を表しているといえます。我々は彼の悲劇を知っているからこそ、この曲を聴いたときに、さらに深く感動してしまうのかもしれません。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中