2019年 6月 18日 (火)

専用氷やバラ氷を入れて ひんやり流しそうめんを楽しむマシン

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   家電および雑貨などを扱うドウシシャ(大阪市)は、「ひんやり流しそうめん DWT-19」を、2019年4月下旬に全国の量販店などで発売。

  • 家でも外でも
    家でも外でも"流しそうめんパーティー"

スイッチオンと同時にカラフルなLEDライト点灯

   「世界流しそうめん協会」が認定したという公式モデル。本体内側に氷を入れられるポケットを備え、2個付属するハーフサイズの製氷カップで作った専用氷やバラ氷を入れることで、「水流オケ」に入れた水の冷たさが持続。ひんやりとした流しそうめんが楽しめる。

   そうめんやトッピングなどが入れられる「そうめんトレー」を回すだけでスイッチが入り、同時にカラフルなLEDライトが点灯。パーティーシーンにも適するという。電源は単2形アルカリ乾電池×2本(別売)で、室内だけでなくアウトドアでも使用できる。

   モーターを内蔵した本体以外は水洗い可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中