2019年 5月 20日 (月)

自営内線などに有効な「sXGP」方式対応 SIMフリースマホ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   モバイル通信機器などを手がけるCYBERDYNE Omni Networks(茨城県つくば市)およびコヴィア(横浜市)は、SIMフリースマートフォン「Omni K5」を2019年5月に発売する。

  • LTEに加え、自営無線などに有効「sXGP」対応
    LTEに加え、自営無線などに有効「sXGP」対応

microSDカードの同時使用も可能な「トリプルスロット」

   従来はPHSが利用していたという1.9GHz帯で「TD-LTE方式」を採用し、自営内線電話やIoT(モノのインターネット)分野のワイヤレス接続に有効とされる自営通信方式「sXGP(shared eXtended Global Platform)」に対応。加えてW-CDMA/FDD-LTEネットワークをサポートする。

   縦横比18対9の5.0型FWVGA+(960×480ドット)ディスプレーを搭載。OSは「Android 9.0」をプレインストール。メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。

   SIMスロットはmicroSIM×1、nanoSIM×1で、LTEと3G(W-CDMA)の同時待受が可能な「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応。microSDカードスロットが独立した"トリプルスロット仕様"となっている。

   近距離無線通信「NFC」を搭載し、「NFC+パスワード」「NFC+生体認証」という2要素認証が可能。充電用コネクターの防護用マグネット式アダプターが付属し、コネクターの上下関係なく簡単に充電できる。

   IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。電池パック式のバッテリー容量は2000mAh。

   コヴィアの直販サイト「FLEAZ Direct」での価格は2万4800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中