2019年 10月 20日 (日)

ドライフルーツたっぷりの「食べられるお茶」 茶葉を捨てる手間なし

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   紅茶やハーブティーを販売するディティールズ(静岡県牧之原市)は2019年5月13日、食用ハーブ類のみを使った「食べられるお茶」のシリーズ「TeaEAT(ティート)」から「ティート瀬戸内レモン」を数量限定で発売する。瀬戸内レモンとドライフルーツがブレンドされたフルーツティーで、お茶をいれた後のドライフルーツも食べられる。

  • 飲むだけではなく食べられる「ティート瀬戸内レモン」
    飲むだけではなく食べられる「ティート瀬戸内レモン」

カップにフルーツとお湯をいれるだけ

   同商品の原材料は、有機ドライアップル、加糖ドライパイナップル、加糖ドライオレンジピール、加糖ドライパパイヤ、加糖ドライマンゴー、ドライレモン。香料、クエン酸、保存料(亜硫酸塩)が加えられているが、すべて「食べられる」ものでできている。熱湯を入れてお茶を抽出した後はフルーツを食べながらお茶を楽しめる。茶葉を途中で出したり最後に捨てたりする手間がなく、必要なのはお湯とカップ1つだけだ。

   プレスリリースによると、瀬戸内レモンの酸味とほろ苦さとマンゴーなどの甘みがあわさり、さわやかなブレンドに仕上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!