2019年 12月 16日 (月)

西城秀樹、「恋する季節」以来の全87曲
「HIDEKI UNFORGETTABLE」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   この話は何度か書いているのだけれど、1970年代の音楽業界には"あっち側・こっち側"と言われていた二つの流れがあった。

   乱暴に言ってしまえば"演歌や歌謡曲、アイドル"と"フォークやロック、ニューミュージック"という流れである。それぞれが交流もなく張りあうように活動していた。

   具体的に言えば、筆者が仕事をしていた文化放送も"演歌歌謡曲班"と"フォークロック班"に分かれており会社のフロアーも違っていた。関わっている放送作家やスタッフも重ならない。番組で流れる曲や出入りするレコード会社の担当者も同じではなかった。

   それが、お互いにとってどういうことだったのか。去年(2018年)、西城秀樹が亡くなったことで改めて考えさせられている。

  • 「HIDEKI UNFORGETTABLE」(ソニー・ミュージックダイレクト提供)
    「HIDEKI UNFORGETTABLE」(ソニー・ミュージックダイレクト提供)
  • 「HIDEKI UNFORGETTABLE」(ソニー・ミュージックダイレクト提供)
    「HIDEKI UNFORGETTABLE」(ソニー・ミュージックダイレクト提供)

吉田拓郎との少なからずの縁

   それは本人には何の関係のないことだったと思う。それが良かったか悪かったか、ということでも全くない。そういう時代だった、としか言いようがない。

   2019年5月16日、彼の一周忌に合わせてこれまでの全てのレコード会社から出たシングルA面曲を集めたCD+DVD BOX「ALL TIME SINGLES SINCE1972・HIDEKI UNFORGETTABLE」が出る。1972年3月25日発売のデビュー曲「恋する季節」に始まる全87曲にボーナストラック。CD5枚に収められた軌跡は、彼がどういう存在だったかを物語っていた。

   前述の"あっち側""こっち側"を"職業作家"と"シンガーソングライター"と言い換えることも出来る。西城秀樹は"あっち側"のスターだった。作曲家で言えば、筒美京平、鈴木邦彦、馬飼野康二、三木たかし。作詞家では、たかたかし、安井かずみや阿久悠と言った人たちである。第一線で活動する職業作家が"ロックと歌謡曲"という大命題に取り組んでいる。絶唱型と言われる独特の激しい歌を生かすために工夫を凝らしている。当時の歌謡曲では聞けなかった情熱的な台詞もそんな一例だろう。しかも時代によって彼の年齢的な成長に合わせてラブソングの質も変化している。

   そうした中にシンガーソングライターと呼ばれる人たちの曲が登場するのは80年にオフコースの「眠れぬ夜」をカバーした時と、82年に作詞・松本隆、作曲・吉田拓郎というコンビで作られた「聖・少女」くらいだろう。

   西城秀樹が吉田拓郎と少なからず縁があったと知ったのは、90年代に入ってからだった。

   彼は広島の出身である。小学校の時からバンドに参加、小学生ドラマーとして知られ、中学の時には吉田拓郎が当時組んでいたR&Bのバンド、ダウンタウンズのライブも見に行っており、彼らと同じように岩国の米軍基地でライブも行っている。71年のレッドツェッペリンの広島公演にも参加。そのコンサートには予備校生の浜田省吾も客席にいた。

   もし、当時、"あっち側・こっち側"のような区分けがなかったら、どんな存在になっていただろうと思うのは、そうした経歴もある。

   そして、彼はもっと語られるべきなのではないだろうか、と思うのは彼のライブでの功績があるからだ。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!