2019年 5月 20日 (月)

再生数70万超「スポーツくじ」ウェブ動画 一筆書きアートがつなぐ「ドキドキ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本スポーツ振興センターは、スポーツくじ(toto・BIG)のウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編を、2019年3月25日からユーチューブで公開した。本動画は「一筆書き」で作られており、再生数は1か月余り経った5月14日時点で70万回にのぼる。

   原画やアニメーションを制作・監修したのは、「報道ステーション」(テレビ朝日系)のオープニング映像を担当し、グッドデザイン賞も受賞しているアートディレクター・映像作家の奥下和彦氏。本動画制作にまつわる思いを、J-CASTトレンド記者に語った。

  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(1)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(1)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(2)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(2)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(3)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(3)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(4)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(4)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(5)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(5)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(6)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(6)
  • スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(7)
    スポーツくじウェブ動画「スポーツくじとつながろう」編(7)
  • (左から)日本スポーツ振興センター・横田剛一さん、アートディレクター・映像作家の奥下和彦氏
    (左から)日本スポーツ振興センター・横田剛一さん、アートディレクター・映像作家の奥下和彦氏
  • 動画制作秘話を明かしてくれた奥下氏
    動画制作秘話を明かしてくれた奥下氏
  • 日本スポーツ振興センター・横田さん
    日本スポーツ振興センター・横田さん

1分の動画制作に4か月、全2000枚のイラスト

   「スポーツくじとつながろう」編は、スポーツくじ購入から始まる「ドキドキ」が人から人、街から街へと伝わり、日本中へと広がっていく様子を表現している。一本の線が100円玉にはじまり、スケートボードやサッカー、水泳、ラグビーをプレーするアスリートたちの動きをかたどり、さらにスポーツの応援をする人、スポーツ施設、街、そして日本地図へと躍動感たっぷりに次々変化していくのだ。

   奥下氏は1分の動画を制作するために全2000枚ものイラストを描き、「準備期間を含めて4か月ほどかけています」と楽しげに語った。

「今回はいつもの一筆書きとは違う試みをしたので、通常と比べて2倍の工数がかかっているのです。これまでは作品を『ロトスコープ(編注:実写をもとにアニメーションを作る方法)』で制作していたのですが、実写をもとにするとイメージがどうしてもそちらに引きずられてしまいます。本動画ではスポーツの『躍動感』をとことん表現したかったのでオリジナルアニメーションを書き、それをベースに一筆書きをしました」

   動画の中で特に気に入っているのはサッカーのカットだ。選手がドリブルで守備陣をかわし、シュートを決める場面が描かれている。奥下氏がサッカー経験者で競技に思い入れがあり、「勢いや力強さが伝わるように、また流れがスムーズになるようにとブラッシュアップを重ねました」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中