2019年 5月 20日 (月)

甲子園に宝塚トップスター降臨 阪神戦で初の始球式は紅ゆずるさん

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   宝塚歌劇団星組トップスター・紅ゆずるさんが、甲子園のマウンドに登る――。

   阪急電鉄(大阪市)と宝塚歌劇団は、阪神電気鉄道(大阪市)及びプロ野球・阪神タイガースと協力し、2019年5月30日に阪神甲子園球場のセ・リーグ公式戦で「宝塚歌劇105周年記念ナイター」を開催する。この試合で始球式を務めるのが、紅さんだ。

  • 始球式を行う紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん
    始球式を行う紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん

トップ娘役の綺咲愛里さんが応援、2人とも「虎党」

   J-CASTトレンドの取材に答えた阪急電鉄の歌劇事業部・販促センターの担当者によると、現役の宝塚トップスターがプロ野球で始球式を行うのは、2006年に阪急阪神ホールディングスグループが結成してから初めてのこと。それ以前では、阪急電鉄がかつて運営していた球団・阪急ブレーブスの始球式を当時の星組トップスター・鳳蘭さんが行った記録が残っているとの説明だ。

   宝塚歌劇は今年105周年。元日からの「幕開け公演」を星組が上演したため、トップスターの紅ゆずるさんが「105周年記念ナイター」の始球式で投げることになった。歌劇の稽古で多忙ではあるが、紅さんが始球式できっちりボールを投げるのを歌劇事業部でも楽しみにしているとのこと。始球式イベントにはトップ娘役の綺咲愛里さんも登場し、紅さんの投球を応援する。2人は関西出身のこともあり、阪神タイガースに親しみを持っているという話だ。

   宝塚歌劇と阪神タイガースは阪急阪神ホールディングスの2大コンテンツ。阪急電鉄の担当者は、「今回のナイターを通して、宝塚ファンには阪神タイガースを、阪神ファンには宝塚歌劇をより知ってもらいたい」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中